投稿者 gradefuji | 2018年5月30日

間違いなく水曜日に更新してます【時々是競馬(火曜版)】

という事で1日更新が遅くなりましたが、タイトルは(火曜版)のままですw
そして今日(30日)のレースの回顧については、来週改めて取り上げます。

今回もその回顧から進めるが、今回はダービーから。まず最初の焦点だった
先行争いは、エポカドーロが前に出るという少々意外な流れで始まった。
ジェネラーレウーノこそ直線に入って後退したものの、ワグネリアン、
コズミックフォース、人気上位のブラストワンピース、ダノンプレミアムと、
上位入線した馬の多くはこのグループの中にいたことになる。

1000m通過が60秒8。数字だけ見ればオークス比でも、当日の芝の時計の出方を
考えてもスローと言っていいペースだが、オークスについては大逃げを打った
サヤカチャンの時計であり、2番手以下は相当離れていたことは考慮すべき。
直線についてはダノンプレミアムがいつ抜け出すかという感じもあったが、
最内で行き場を探してるうちに他馬と同じ脚色になった感がある。
このあたりは人気馬の最内枠なので仕方ないと言えばそうだが…。

逆にそんな流れの中で4着まで追い込んだエタリオウは、もっと評価されていい。
1勝馬だが重賞2着で収得賞金を稼いでいるため、夏からは1600万条件になるが、
仮に出てきたとするなら、さすがに即勝ち負けだろう。その前にハンデ次第で
ラジオNIKKEI賞あたりに出走してくるかもしれないが、秋にも期待したい。

目黒記念は距離を考慮してもスローと言える流れながら、レコードまで0.1秒差と
高速馬場を裏付ける結果。上位はほぼほぼ先団で進めた馬たちだったが、
ウインテンダネス・ノーブルマーズとオープンでの実績が少ない2頭で決着。
逆に人気どころだとチェスナットコートやフェイムゲームは、どちらかと言うと
長く脚を使うタイプの馬が、この馬場で後方から進めたのではさすがに厳しい。

新設重賞の葵ステークスはゴールドクイーンが逃げ切り。フェニックス賞を
勝っている実績はあったが、所詮2歳夏の実績なので馬券的な判断は難しかった。
ダービーを中心に回る中央競馬の2~3歳路線にあって、時期的なものを含めると
かなり異質なレースではあるので、人気に惑わされず見極められるかが大事。

最後に地方競馬から大井記念(SⅠ)。最終的にはリッカルドが人気になり、
結果も3馬身差での完勝ということに。明らかに1頭だけ手応えが違った。
ヒガシウィルウィンも手応えが怪しくなった割には頑張ったが、この馬に対する
期待値はこんなものではないことを考えると、最低でも2着は確保したかった。
サブノクロヒョウが2着も、今後も掴みどころがわからない1頭になりそう。

最後に展望だが、予定通り29日に更新できていれば門別の北斗盃を取り上げる
予定だったものの流れてしまったので、金曜園田11Rの夕刊フジ賞を取り上げる。
ナイター開催で発走は20:00の一戦。中央からの転入初戦馬も2頭いるが、
注目はつい最近までバリバリの中央オープン馬だったエイシンバランサー。
あわよくばスーパースプリントシリーズも…という空気を感じるが、
どちらかと言うと決め手を持ったタイプなので、まずは地方の小回りコースで
早め早めの競馬に対応できるかが鍵だろう。逆に言えば課題はその程度。
相手は斤量58kgがどうかだがハタノキセキ、あとインディウムが巻き返せるか。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。