投稿者 gradefuji | 2018年5月15日

雨に振り回された1週間【時々是競馬(火曜版)】

まず回顧は地方から。羽田盃はやっぱヤマノファイト強かったね…という決着も
リコーワルサーが一度使われて巻き返してきたのは、次に向けて楽しみ。
ハセノパイロもこれをきっかけに再浮上の余地はある。逆にワグナーコーヴが
イレ込んでいたなどと言われているが、だとしてもここまで負けると不安。
クロスケあたりも良馬場でもう一度見直したいが、これから梅雨の時期だけに…。

東京プリンセス賞は羽田盃よりも時計が速いことをどう見るかだが、それだけで
牡馬のレベルが低い・牝馬はハイレベルとは言えないものの、ただ馬場の面では
水曜と木曜でそこまで差があったとは思えず、ある程度の指標にはなりそうか。
トータルでは、浦和桜花賞の枠順ハンデが軽減されれば違う結果にもなるよね…
という感じではあるものの、上位2頭は現時点では抜けた力を持っている。

中央競馬は最初にヴィクトリアマイル。ある程度しっかり雨は降っていたものの、
リスグラシューが32秒台の上がりを使うのだから、良馬場のときと遜色ない
レースだったと見ていいのではないか。ジュールポレールはいろいろと上手く
噛み合った結果だと思うが、云うても昨年の3着馬な訳で、実力的に足りないとか
そういうことはないので、全くのノーマークというのも考えものだったか。
そしてリスグラシューはいわゆるシルバーコレクターに向かいそうな雰囲気も…。

京王杯スプリングカップは、しれっとキャンベルジュニア・ムーンクエイクの
名前を挙げていたので、まぁこちらの馬券の成果はお察しください…だが、
サトノアレスがいつの間にか外に持ち出して見せ場十分の3着は注目材料。
個人的には人気先行タイプの一頭と見ていたものの、次でどうかはともかく
またGⅠタイトルのチャンスはどこかでありそうな感じはしている。
ラインスピリットは人気はなかったが、0.2秒差の5着ならまだまだやれる。

あと触れておきたいのは栗東ステークス。注目のファッショニスタは
スタートで遅れたという影響もあって9着だったが、終いの脚は使っているので
不良の芝スタートが…という現状の判断。次走は恐らく降級も当然勝ち負け。

今週の地方の展望は、水曜川崎の東京スポーツ賞 川崎マイラーズカップ
個人的にはオッズを度外視してでもヨヨギマックを買いたいと思ったが、
さすがに距離が短い気がするし、移籍初戦もあまりいいところがなく…。
一応前売人気はムサシキングオー、ウェイトアンドシー、ポイントブランクと
いったところが集めているが、休み明けで状態次第だがセイスコーピオンを
軽く扱うことはできないし、オメガヴェンデッタやジャーニーマンも面白そう。
インフォーマーあたりがヒモ穴で一発やりそうな雰囲気を感じるがどうだろう。

広告

コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。