投稿者 gradefuji | 2018年5月5日

またいつもの週末がやってくる【時々是競馬(週末版)】

まず今週は、(火曜版)の更新をしなかったので、いつもならそこでやるはずの
回顧(4月25日~5月1日のレース)をここで簡単にやってしまいます。

まず4月25日のしらさぎ賞は、ラーゴブルーとファイトユアソングの叩き合いを
前者が制する決着。コーリンベリーについては休み明け・58kgの両方が絡む
4着だけに、これで見限るのは早いだろう。現に2番手追走のスターインパルスが
ハナを切れなかったとは言え、3角待たずに脚をなくしていたのはペースが大きい。
もっとも、その直後につけていたラーゴブルーは今後も注目すべき一頭と言える。

順番は前後するが、4月30日のかきつばた記念を先に取り上げる。展開としては
トウケイタイガーがハナを切り、サクセスエナジーとエイシンヴァラーが
早めにとらえたところを、外キングズガード・内サンライズメジャーが脚を伸ばし
人気はどうあれ中央勢が3着まで独占。サンライズメジャーは道中も内目の追走で
砂を被ってどうかだったが全く問題なし。エイシンヴァラーは今後も要警戒。

先週の中央競馬からは、まず天皇賞。ヤマカツライデンのペースは決して遅い
訳ではなく、長距離戦らしく淡々と流れたと言う方が正しい流れだったが、
通過順位の数字よりも後ろに位置していた感のあるレインボーラインが差し切り。
3歳以降にマイルの重賞を勝った馬が、3200mでGⅠ制覇というのもまさか…という
印象が強いものの、一昨年の菊花賞2着の時点でそんな色眼鏡は捨てておけ…か。
スマートレイアーあたりも伸びてはいたが、さすがに後方すぎて届かず。

青葉賞は、このブログをご覧頂いた方であれば、人気上位馬を疑いつつ、
ゴーフォザサミットとエタリオウを買えたのではないかと思います。
馬券を的中された皆様、おめでとうございました。もっとも自分は…(笑)。
2頭とも上手く流れに乗れたのが大きいと思うが、時計だけで言えばまだ少しは
詰める余地があると思うので、意外にダービーでもやれていいかもしれない。

ここからは今週の中央競馬の展望。まず注目はNHKマイルカップだが、
金曜夜間発売の時点でタワーオブロンドン、ギベオン、ケイアイノーテックが
上位人気を形成しているが、確かに上位人気になるだけの実績はあるものの、
クラシックの本線に比べるとやはりメンバー的にはいくらか落ちるので、
他の馬の台頭があっても、何ら不思議はない一戦ではある。個人的には、
ルーカス、ダノンスマッシュ、ロックディスタウンあたりも面白い気がする。

以下は簡単に推奨馬の名前を中心に取り上げる。まず土曜の京都新聞杯は、
まず人気だろうがフランツ、あとレイエスブランドル、レノヴァールあたり。
ダブルシャープはやや使い詰めだし、タニノフランケルは人気先行なのが心配。
土曜東京のプリンシパルステークスはハッピーグリン、ブレステイキング。
未勝利を勝ってすぐの馬が結構人気上位で、そのあたりの比較が鍵になりそう。

土曜東京は、更に10レースにメトロポリタンステークスが組まれている。
人気になりそうなベストアプローチは、とりあえず信頼していいだろう。
あとリッジマン、レーヴミストラル、ハートレーあたりが気になるところ。
日曜東京10レースはブリリアントステークス。サンライズソアは一応信頼。
あとはメイプルブラザー、クラシックメタル、フェニックスマークあたり。
懲りずに(と言っても前走2着だが)リーゼントロックに再度期待の手もあり。

日曜京都の橘ステークスは、新設重賞の葵ステークスに一応繋がるレースだと
信じたいが、さすがに8頭では…。アルジャーノンとアルモニカ中心だろう。
同じく土曜京都の鞍馬ステークスは、まずこちらも懲りずにセカンドテーブル。
あとアレスバローズ、アクティブミノル、グレイトチャーターあたりを。

最後に日曜の新潟大賞典は、トリオンフがハンデ57kgなら間違いなく主役。
あとは安定勢力のスズカデヴィアス、ケントオー、堅実なカレンラストショーを。
マイスタイルやステファノスも気になるが、今回は条件が少し辛いかも…。

広告

コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。