投稿者 gradefuji | 2018年5月5日

どんな感想を持たれるかわからないけど【同人誌を出そう】

普段なら木曜日に更新するところ、しれっと1日遅れで更新してますが(笑)、
今週はこちらです。この連休は、最初の3日間こそ一日中眠いみたいな状態で
このまま寝たっきりで終わるのかなぁ…と思いつつも、疲れが取れたら
ようやくスイッチが入り、絵の練習にもまとまった時間が取れて…てな感じ。

ちょっと前にエイプリルフールネタとか言って、このブログでもちょっとした
ネタをやった気がしますが(笑)、しれっと某ピクシブにも投稿してて。
あくまでしれっとやったので、どこかで告知した訳でもなく、PV自体も
ぶっちゃけ片手で足りるレベルだったんですが。…というかあんなド下手な
イラストと呼べるか微妙なものでさえ、そんだけのPVがあることについては
ちょっとした驚きを持ったもので。このブログのPVより多いやん!ってw

でまあ、前からヘタでも投稿できそうなレベルまでは描いて投稿してみよう…と
考えてはいたんですよね。でもね、人生いろいろ経験していると、俺の周りでは
駅の階段の一方通行を逆走されてぶつかられた挙げ句、何か殺すとか言われて
じゃあ今ここでやってみろよ(キ○タマ付いてるならできるやろ?w)みたいな
ことに発展したことが(何度も)あったりして。こっちでもいわゆる愉快犯的に
自分よりヘタな奴を見つけて、優越感に浸りたいがために悪口と言うか、
そういう悪趣味な奴がいるんでねえの? なんて思って乗り気じゃなかったけど、
幸いそういうのはなかったので、ああじゃあ大丈夫だと。まぁ、ちょっとした
知り合いから、軽くプレッシャーかけられてるのもあるんですが(笑)。

先に言っておくと、前にもそれとなく取り上げた気がしますが、某ピクシブは
何気に月額登録してて、ID自体も結構前(番号的には6桁に近い7桁)に
取得してて。もっとも、最近まではROM専のアカウントだった訳ですが。

でまあ、まとまった時間が取れる今のタイミングでいくつか描いてみて、
恥を忍んで全体公開でアップロードしてみてるんですが、ある程度自分の中で
目指したい方向性はあって、それに対するインプットもやってきたつもりだけど、
そのアウトプットを自分の中だけで完結させるよりは、どんだけその完成形から
大きく離れてたとしても、恥ずかしがらずに観てもらわないと伸びないなと。

というか、どこの誰かわからない人に観られて、今後はもしかしたら超辛口な
ダメ出しコメントを目にするかもしれない(他の人のもので見たことがある)、
てな環境にさらされると、それこそプレッシャーじゃないけど、昨日の自分より
何かひとつでも…的なことを多少なりとも意識するようになってきてですね。
自分でも一度公開した後でも、何度も見直すようになったのは大きな変化かなと。
ヘタだとわかっている(≒恥ずかしい)もので、ましてや自分自身が作ったものに
面と向き合う事に対する抵抗感もみたいなのが、少しずつ減ってきてるのかなと。

ちなみに個人的に今一番感じてる疑問は、こんな見どころなんぞ何もないものを、
どこからどうやって見つけてくるのか、あるいは人気の作品に引っかかるのか。
みんなの新着作品という話も出てくるけど、アクセス解析を見る限り、ここから
閲覧された履歴がほぼ無いので、尚更この辺の謎が深まる一方で(笑)。
そして「いいね」を付けられることが、こんなにもビックリする出来事なのかとw
なぜ「いいね」が付いたのか、意図を含めて謎は多いけど、考えても仕方ないかw

あと全然関係ないけど、3月まで出向で行ってた会社への通勤では、ほぼ毎日
某ピクシブの本社が入居してるビルの前を行き帰りで通過してたんですよね。
JRの定期券を、運賃の兼ね合いで代々木までにしていて、そこから先は
ハチ公バスに乗れば、青山(外苑前)・表参道まで安上がりだったのでw
少し時間かかるけど、そこはログボ消化だったりなどで時間使えた訳で。
そんなこともあったんですよ…なんて話をしたところで今日はこの辺で。

広告

コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。