投稿者 gradefuji | 2018年1月3日

年始開催も後半戦へ【時々是競馬(地方)】

年が明けて最初に更新する記事がこれというのもアレな気がしますが(笑)、
普段からいろんな意味でブレずにマイペースで更新しているので、お正月でも
特に普段と変わらず更新していきます。なお、前にも触れましたが、
【時々是競馬(地方)】としての更新は今回が最後となりますのでご承知を。

顧は東京大賞典。コパノリッキーのレースぶりは有馬記念のキタサンブラックと
被る部分も多々あったが、まぁあれだけマイペースで行かせてしまえば
マークも何もないよなぁ…という結果ではあった。2着のサウンドトゥルーも
上がり36秒5はもはや限界に近い脚を使っているので、これは喧嘩を売れなかった
ケイティブレイブやインカンテーションの、ある意味弱さも見えたとも言えるか。
7着まで中央馬が独占で、8着にヒガシウィルウィン。力の違いは大きかったか。

兵庫ゴールドトロフィーも簡単に。サイタスリーレッドが逃げたものの、
もしかしたら1400mが長いのかもしれない。グレイスフルリープは大きく馬体が
増えていたものの、2番手から押し切るのだからこれでいいのだろう。
間隔は詰まっていたが、韓国遠征からの復帰2走目できっちり調子を上げていた。

展望は水曜の地方重賞2鞍。まず川崎の報知オールスターカップは
前日発売の時点でディアドムス人気だが、これは妥当なところだろう。
ただ、馬券的にはトーセンハルカゼやクラージュドールの方が、今回については
頭に近いのではないかというイメージがある。馬券的にもその方が魅力がある。
あとはトロヴァオあたりまでが圏内で、割と上下関係はハッキリしている感。

スーパーステションが人気になっているものの、これは近走成績の着順だけ見て
人気になるパターンにしか見えなくてしょうがない。ダービーグランプリにしても
粒のある馬はいたものの目ぼしい南関東馬の参戦はなく、それ以前の勝ち鞍も
道営のA2までということで、そういう意味での一線級との対戦が初めてとなり
もちろんとんでもなく強くなった可能性はあるが、個人的にはイメージしづらい。

もう1鞍は園田から、兵庫県知事賞典 新春賞。園田金盃の上位組が中心になるが
サウスウインドとミッレミリアの間に2.5kgのハンデがついたのをどう見るか。
単純に考えれば、園田金盃のクビ差をひっくり返すには十分過ぎる数字で、
これなら今回に関してはミッレミリア中心と考えるのが妥当と考える。

エーシンクリアーがそろそろ年齢的なものを気にするタイミングにさしかかって
きたのかどうかというのが気になるものの、ハンデはややその分恵まれたので
巻き返しはあってもいい。あと転入初戦のキクノソルが人気次第では一発も。
問題のサウスウインドは、さすがに57.5kgは他馬との比較で少し弱気になる。
相手には押さえておきたいが、今回に限ってはそこまで信頼できないと見る。

冒頭でも書きましたが、【時々是競馬(地方)】は今回が最後で、来週からは
【時々是競馬(火曜版)】で更新しますので、今後ともよろしくお願いします。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。