投稿者 gradefuji | 2017年12月6日

地方競馬予想2017~クイーン賞

JBCレディスクラシックをララベルが制して、牝馬路線に限れば中央勢以上に
互角に渡り合える馬も出てきたという意味では、南関東の牝馬重賞や、
このあたりのダートグレードの持つ意味合いが、今後更に重要性を増すのではと
考えていたりするがどうだろうか。今回は9頭ながら将来的な注目馬もちらほら。

■12月6日・船橋11R クイーン賞(3歳以上JpnⅢ・ダート1800m)

JBCからまたそれほど日数が経っていないという状況下とはいえ、頭数だけ見れば
やや寂しく映るものの、メンバー的には今後上を狙ってほしい馬もいて、
そういう意味では注目する価値はある一戦となりそうだ。基本的には中央勢優勢。

◎⑥ラインハート
○⑤アンジュデジール
△④アンデスクイーン
△②プリンシアコメータ
×⑧タガノヴェローナ

人気は一応はプリンシアコメータあたりになると見込むが、上位拮抗と見る。
いろいろ考えたが中心はラインハートとした。JBCは転入初戦で一息入っての
実戦だったが差のない3着。実質中央馬と言える存在でもあり、評価はしたい。

相手はとりあえずアンジュデジール。あっさりがっても不思議がない反面、
まだこの馬のことをよく把握できていないが、どうにも人気ほどの信頼を
置けない印象が先行してしまう。とは言え相手関係的には無碍にもできず。

プリンシアコメータは近走成績を見ると、どうしても人気になりそうで
オッズ次第ではあるものの、狙った所で馬券的に旨味が少なそうな気がする。
必ずしもハナにはこだわらないと思うが、主導権を取れそうなメンバーではある。

アンデスクイーンは穴候補と見ていたが、前日発売で2番人気なので急遽変更。
前走はJBC当日の京都の1000万下で、牝馬限定とは言えなかなか時計的にも
見どころがある勝利。ここで取り上げるのも納得の内容ではある。

あとはタガノヴェローナの扱いをどうするかだが、ハンデ的にももう一度
追いかける価値はあると思う。外枠も好都合だけに一発のチャンスは十分。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。