投稿者 gradefuji | 2017年11月28日

今週は少し軽めの内容で【時々是競馬(地方)】

まず回顧。浦和記念はマイネルバサラが早め先頭から押し切ったが、
先団を形成したのがタマモホルン、バルダッサーレ、ヒガシウィルウィンと
軒並み南関勢が締めたのは意外だった。とは言え決してペースが緩くなった
訳ではなく、むしろその割には前半は厳しいラップを刻んだ分、中央勢の
地力が勝ったと見たが、そうなるとヒガシウィルウィンの2着は大きい。

オールブラッシュが“一応”ではあるがGⅠ・JpnⅠのタイトルを持っている馬で
勝ったマイネルバサラから6馬身離されたとはいえ、オールブラッシュに対しても
6馬身の差をつけての2着なのだから、比較的ハイラップの展開を3番手で追走して
この結果と考えると、これは地方馬という括りで捉えたら危険な馬だと思う。
恐らく順当なら東京大賞典に出てくるろうが、3着くらいの期待はできるのでは。

笠松グランプリはラブバレットが気付いたら3連覇を達成。トウケイタイガーは
2着争いまでは何とか…というところだったが、最後はお釣りがなかったか。
とは言え実力を考えたらもう少し頑張れるかと思っただけに少々物足りないが、
そこが前走1400mでもカツゲキキトキトとの一騎打ちに遅れを取った部分か。
ラブバレットはもう一度兵庫ゴールドトロフィーだろうか。善戦以上を期待。

展望は水曜大井の勝島王冠。前日発売でもそうだが、割と上位と目される馬は
オッズも拮抗しそうで、別定戦ながら斤量設定の問題もありなかなか難しそう。
とりあえずは59kgでもユーロビートを軸で考えたいが、前走転入2戦目で
結果を残したディアドムスも、人気になりそうだが軽視できない。
穴ならタイムズアロー、イッシンドウタイ、グレナディアーズあたりを。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。