投稿者 gradefuji | 2017年11月14日

年末に向けて見逃せない地方大将格【時々是競馬(地方)】

まず回顧。ローレル賞は直線で抜け出したゴールドパテックが勝利。
2着はまくり気味に進出したハタンサンドリヨンで、レース内容としては
こちらのほうが見どころがあったように感じる。2ハロン目が10秒台という
かなり速いラップがあったのも響いたか、ストロングハートは伸びを欠いた。
同じくマイルのフローラルカップでも2着で、距離の壁なのかどうかは
恐らく東京2歳優駿牝馬でハッキリするだろうが、まだ見限れないと読む。

前回正式なレース名で表記するのを忘れてた デイリー盃 ロジータ記念は
ステップオブダンスが楽勝。前が前半から飛ばしたものの、慌てず騒がずと
いった感じで好位追走し、2周目3角で馬なりで前に並びかけた時点で勝負あり。
シェアハッピーはもう少し人気になるかと思ったが、案外人気薄でおいしい。
今回は脚を貯めるレースぶりで追い上げ2着確保。距離はもう少し短い方がいい。
アップトゥユーはハナを切ったものの、少し前半から飛ばし過ぎた感がある。

道営記念はオヤコダカが早め先頭から押し切るパターンかと思いきや、
ステージインパクトが食い下がり、とうとうゴール前で前に出るという内容。
星雲賞を除けば4勝2着1回という戦績ではあったが、果たしてオヤコダカあたりと
比較した時にどうかが問題だったものの、ここまで強くなっていたのかと。
明け6歳になる割にはキャリアも少ないので、来シーズンも期待できる1頭だ。
概ね上位は力通りの決着だったものの、多少なりとも驚きの一戦ではあった。

今週の展望は2鞍。まず水曜大井のマイルグランプリだが、ここは斤量59kgでも
ケイアイレオーネを切る馬券は買いづらいだろう。間違いなく人気にはなるので
買い方は難しいが、少なくとも3連系の軸としての信頼度は相当高いだろう。
トロヴァオあたりも人気しそうだが、個人的にはそれよりもトーセンハルカゼや
レガルスイに魅力を感じる。いずれも人気次第。穴はセイスコーピオンの復活。

木曜名古屋は、愛知県知事杯 東海菊花賞。頭はカツゲキキトキトで決まり。
名古屋グランプリに向けて、まずここは順当に勝利してくれるだろう。
相手はドリームズライン。1900mなら古馬相手でもやれていいはずと見る。
あとは安定勢力のエーシンクリアー。オウマタイムの参戦は何とも言えないが
まともに考えれば上位に割って入る地力を持っているとは思うものの果たして。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。