投稿者 gradefuji | 2017年10月24日

JBC直前はやや薄めに【時々是競馬(地方)】

まず回顧。埼玉新聞栄冠賞はカンムルが58kgなど全く関係ないレースぶりで
堂々と古馬相手に早め先頭から押し切ってみせた。外からディアドムスが
抜け出しかかったところを、もう一度4角のコーナーワークで差し返す
なかなか味のある内容だったような感じたがどうか。次は浦和記念よりも
ダービーグランプリに行きそうな気がしなくもないが、いずれにしろ注目。

ダービーグランプリといえば、日曜日には3歳秋のチャンピオンシップの
対象レースが2つあった。盛岡のテレビ岩手杯 不来方賞はキングジャガーが
人気に応えたものの、例によって圧倒的な力を示すわけではなく、でも後続には
決して抜かせないというレースぶりで、地元同士なら地力は上なのだろう。

昨年は園田で第1回が行われた西日本ダービーは、今年は佐賀で施行。
フリビオンが単勝1倍台というのも驚きだが、レースの方も直線入るまでは
万事休すかと思ったが、そこから足を伸ばして差し切ったのは少々驚き。
とは言えこちらも力の差を見せつけての勝ちとは言えず、評価は難しい。

今週は2歳重賞が多いが、その中から水曜船橋の平和賞を展望。頭数は9頭と
やや寂しいが、人気は4戦3勝2着1回のドンビーが集めることになるだろうか。
鎌倉記念で1番人気を裏切る形のシェーンリートは人気次第で巻き返しも
頭に入れておきたいが、それならドンビーと差のないレースをしている
レオハイスピードというのも頭まで考える方が現実的なのかもしれない。
ドンビーを物差しにするならヴオロスも人気次第では狙いたいが果たして。

なお、例によってダートグレードの北海道2歳優駿は別記事で展望します。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。