投稿者 gradefuji | 2017年9月8日

秋競馬突入で重賞戦線も本格化【時々是競馬(中央)】

まず回顧。新潟記念はタツゴウゲキが逃げ切ってサマー2000シリーズも制覇。
前走重賞を勝っていた割には軽かったハンデを利して積極的にレースを進めて
上がりも34秒6にまとめて押し切りだから、まさに好調を維持しての勝利だった。
ここで結果を出したからと言ってGⅠ・GⅡで通用するかと言われると難しいが
ローカルのGⅢクラスであれば、今後も条件や人気次第では期待できそう。

アストラエンブレムはともかく、カフジプリンスが2000mで結果を出したのは
今後に向けて少し面白そうな気がしている。それでも2400m以上の条件の方が
よりマッチするとは思うので、秋競馬でタイトル奪取のシーンも十分。
トーセンバジルは決め手を活かせる条件のレースでもう一度狙ってみたい。

あとは簡単に。丹頂ステークスは先週の予想がピッタリハマったレースだが
プレストウィックはそろそろこの辺りは突破できるくらい力をつけていた。
札幌2歳ステークスはオルフェーヴル産駒2頭が上位人気も明暗は別れた。
ロックディスタウンは人気先行になりそうてで要注意。ここに出てこなかった
組にも素質の高い馬は多くいるようなので、まだまだ混沌とした感じか。
小倉2歳ステークスは3戦目で勝ち上がりのアサクサゲンキが早め早めで
押し切ったが、距離延長や揉まれたときなど、まだ課題は多いように感じる。

今週からは秋競馬に突入ということで、重賞レースの数も一気に増えだす。
展望はその重賞を中心に取り上げるが、まずは土曜中山の紫苑ステークス。
第2回だが、まだまだ有力どころはローズステークスから始動といった感じか。
中心はディアドラ。オークス4着だが、前走で牡馬相手の1000万を勝っての参戦は
それだけで評価に値する。あと人気先行気味だがルヴォワールは成長に期待。
上位人気もホウオウパフューム・ポールヴァンドル、穴でミッシングリンクまで。

日曜中山はサマーマイルシリーズの最終戦・京成杯オータムハンデキャップ。
毎年高速決着になりがちで馬券的にも難しいが、唯一の4歳馬ブラックスピネルが
個人的には気になる。夏競馬での収得賞金半減の関係もあり、この時期に4歳馬が
このあたりの重賞に顔を出すケースが少ないだけに、名前があるだけでも注目。
勝ちきれないグランシルクはとりあえず押さえたいし、58kgでも休み明けを
一度使ったダノンプラチナも不気味。穴候補は休み明けのミッキージョイを。

阪神からはまず土曜のダート戦・エニフステークス。鞍上込みでイーデンホールが
人気になりそうだが、個人的にはナガラオリオン。近2走はまさかの芝参戦だが、
そこまで悪いレースには見えなかった。波乱含みのメンバーで、他に狙うなら
アールプロセス、サウンドスカイ、穴狙いで2年前2着のタイセイファントム。

そして日曜阪神は3週後の中山につながる一戦の、産経賞 セントウルステークス。
人気はダンスディレクターあたりになりそうか。上がり馬のファインニードルは
鞍上込みで要注意。フィドゥーシアは大外ならレースもしやすいはず。あとは
人気上位候補のメラグラーナ、決め手は確かなブレイズエターナルを穴候補で。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。