投稿者 gradefuji | 2017年9月5日

こちらも徐々に秋本番へ【時々是競馬(地方)】

まず回顧。アフター5スター賞は「ゴーディーはハナ切れるか微妙」とか書いたら
見事にロケットスタートを切って、そのまま粘り込んでしまいました(笑)。
勝ったのは転入初戦だったキタサンミカヅキ。いくら中央のオープン特別とはいえ
ここ3走が割と差のある負けで、どこまで信用していいのか難しかったが、
自分のレースに徹すればこのくらいの力は十分発揮できるということか。

それにしても中央オープンから南関東に転入してくる馬の見極めは悩ましく、
今回のキタサンミカヅキあるいはブルドッグボスみたいな当たりもいる反面、
ここにも参戦していたワディやエイシンヴァラーみたいにさっぱりという馬も
少なくなく、どうやったら人気に惑わされず見極められるかは課題。
中心視していたアピアは3着。ゴーディーを楽に行かせてしまった分だろうか。

あと展望していないレースから、金曜の園田チャレンジカップも簡単に。
プロキオンステークス以来となったトウケイタイガーは、+15kgの馬体重が
示す通りの余裕残しの状態だったものの、それでも楽にハナを切って楽勝。
次がどこになるかが気になるが、地方競馬のトップになれる力はある。

今週の展望は木曜川崎の サンケイスポーツ盃 戸塚記念。個人的には波乱となった
昨年のレースで馬連万馬券を仕留めた事もあり、相性のいいレースだと思ってるw
ここも「3歳秋のチャンピオンシップ」の対象競走で、黒潮盃よりもボーナスが
少なくなる競走ではあるが、その黒潮盃から連勝を狙うブラウンレガートが参戦。
不安があるなら、斤量57kgよりも乗り替わりがどうかというところくらいか。

黒潮盃組がかなり多く、人気もある程度ハッキリすると思われる。馬券的に
面白いところを狙うならシェアハッピー。黒潮盃の回顧でも触れたが、11着でも
先につながる内容で、人気も落ちるだろうし再度ハナを切ればチャンス十分。
他の穴馬探しはかなり難しいが、強いて言えばキャプテンロビンあたりか。

あと今日になって、9月20日のテレ玉杯オーバルスプリントの中央からの
選定馬がNAR公式サイトに掲載されているが、しれっとリエノテソーロが
55kgと出ていてビックリ。2歳JpnⅠは5kg加増の対象にならないはずなので
実際は50kgになると思われるが、それでも出てくるようなら面白い存在。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。