投稿者 gradefuji | 2017年9月2日

いよいよ夏競馬もラストウィーク【時々是競馬(中央)】

いつも通り回顧から。キーンランドカップはエポワスがいい脚を見せて
差し切ってみせた。前走は1番人気に支持されながら掲示板にも載れず、
一瞬狙い目かなとは思ったものの、もともと体重の増減が大きい事が多い馬
とはいえ+20kgという数字を見ると、少し手は出しにくかったのも事実。

ナックビーナス・ソルヴェイグと前でレースを進めた2頭が残っているだけに、
尚更エポワスのレースぶりの評価は高いものがあるが、既に9歳という年齢が
やや気になるもが、長期の休みもあって意外とキャリアは少なく、もしかしたら
スプリンターズステークスで一発やってくれるかもと期待してみたくなる。
格上挑戦だったライトフェアリーは、自己条件に戻れば期待していいと見る。

BSN賞はトップディーヴォが差し切り。スムーズに運べばこれくらいは走る。
マスクゾロはアクシデント明けで更に間隔が開いたが、ここまで走れば及第点。
朱鷺ステークスは人気のワンスインナムーンが逃げ切り。展開に恵まれた感も
多少残るものの、短距離路線の層の薄さなら展開次第で今後もチャンスあり。
小倉日経オープンはある程度上位と目されていた馬で決まり、それにしては
馬券的にはなかなかおいしい決着。ダノンメジャーはそろそろ重賞を軸として
進むことになるだろうが、お山の大将的なイメージも少し感じる…。

あと展望していなかったが、こちらも重賞の新潟ジャンプステークスも簡単に。
4歳牝馬のグッドスカイが重賞制覇となったが、センスの良さが光る一戦だった。
スピードタイプのコースで結果を出しているが、中山・阪神のテクニカルな
コースでも慣れればそのうち…とは感じる。でも馬券的には条件と人気次第で。

既に土曜も後半のレースに突入というタイミングでもあり、展望については
いつも通りこの時期は2歳戦を避けて(笑)古馬オープンを取り上げる。
日曜札幌の丹頂ステークスはなかなか微妙なメンバー。ラブラドライトあたりが
人気になると思われるが、狙ってみたいのは鞍上込みでプレストウィック。
あとタマモベストプレイ、アングライフェン、穴候補でバロンドゥフォール。

日曜の新潟記念は全体的には混戦も、単勝の売れ行きだけを見るならば
アストラエンブレムが頭一つ抜けている感。ロイカバードは人気がもう少し
落ちてくれれば狙えるが、どうしても人気先行になってしまうだろうか。
前走で馬券的には味をしめたソールインパクトだが今回までは我慢できる。
あと人気になりにくいフルーキー、マイネルフロストもこのまま推移すれば。

広告

コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。