投稿者 gradefuji | 2017年8月22日

予想を当てることと馬券を獲ることは別物【時々是競馬(地方)】

まずは回顧から。サマーチャンピオンはウインムートがハナを取ったものの
結果的にはレーザーバレットに終始絡まれる形になったのが痛かったか。
レーザーバレット自身は斤量もあって力尽きたが、さすがにラインシュナイダーと
タムロミラクルを振り切るまでの余力は残っていなかった。
ラインシュナイダーは前走も力負けという訳ではなかったし、ウインムートとの
ダートでのキャリアと前走比較で斤量差が生まれたのを無視してはいけなかった。

ブリーダーズゴールドカップは、まずこのブログをご覧頂いた方であれば、
人気に惑わされずマイティティーを買えたと思えます。おめでとうございました。
自分もホッカイドウ競馬公式サイトの予想ゲームでは馬単を的中させたんですが、
問題は前走1000万の2頭をバッサリ切り捨ててしまったので馬券は…(笑)。
結果的に2頭とも人気上位だったものの、25000円つくのであれば3着くらいには
押さえておいてもよかったかなぁ…と思うと、無謀な穴狙いすぎたかも。

とは言えマイティティーはビービーバーレルを追いかける形になったとはいえ、
オーバーペース過ぎないかと感じたものの、結果的には状態も上がっていたのか
何とか押し切れた。馬場を考えると時計的には平凡と言わざるをえないが。

あと霧島賞も簡単に。キヨマサがテイエムチューハイを抜かせずに連覇。
馬体重が-12kgだったものの、前年の霧島賞との比較では-1kgと考えると、
ここに向けてきっちり仕上げてきたということなのだろう。

展望は水曜川崎の、日刊スポーツ賞 スパーキングサマーカップを中心に。
鞍上・的場文男で南関重賞連勝中のリアライズリンクスだが、今回は
左海誠二に乗り替わり、的場文男はケイアイレオーネに騎乗する。
仮にそうでなくても、個人的にはケイアイレオーネ中心で考えたのだが。
条件的にはマイルは2000mに比べれば歓迎のクチだし、斤量58kgなら安心できる。

相手筆頭は重賞でもやれるところを示したトーセンハルカゼを筆頭と見る。
斤量が軽くなるのはプラスなコンドルダンスは人気になりそうなのが不安。
安定勢力のムサシキングオーでは芸がないと考えるなら、鞍上に吉原を迎える
グレナディアーズがそろそろ一発やってくれてもいいのでは…と思うがどうか。

最後に日曜水沢のビューチフルドリーマーカップを簡単に。予定馬を見渡すと
ジュエルクイーン連覇濃厚かと考えるものの、問題は臨戦過程。
ブリーダーズゴールドカップから中9日で本州にやってくるのはハードルが高い。
状態面さえ問題なければ…だが、その状態面が最大の懸念点となるだろう。
相手は岩手勢のミラクルフラワー、あるいはユッコと見るのが妥当だろう。

(本文中敬称略)


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。