投稿者 gradefuji | 2017年8月8日

夏のかき入れ時を迎えた【時々是競馬(地方)】

まず回顧。スパーキングサマーチャレンジはゴール寸前でオーラゼウスが
一杯一杯粘ったコスモパープルを捉えた。ジャーニーマンはそのコスモパープルを
見る位置で進めたものの、結果的にはあまり行きっぷりが良くなかったのかなと。
最近は不良になると逆に時計がかかるというケースが多いが、今回も道中に
14秒台のラップがあるようなレースで、馬場に対する巧拙の差もあるのかなと。

展望しなかったレースからも簡単に。日曜盛岡の日刊スポーツ杯 ひまわり賞は
実況をそのまま頼りにするならとんでもない後傾ラップのレースになり、
そりゃ前にいる順番にレースが決まっちゃうよね…と。勝ったビービースペースは
鞍上もうまくレースを運んだという風に言ってしまっても問題ないだろうか。

火曜金沢の読売レディス杯は、今年の浦和桜花賞を勝ったスターインパルスが
参戦してきたということも驚きだが、プリンセスバリューが割と本気でシリーズを
狙ってきているという事も見逃してはいけない。手応えはあまり良くなく映ったが
そこはさすがに南関の牝馬路線の安定勢力だけに、結果自体は特別驚かない。

今週の展望は、まず金曜大井の3歳全国交流戦・日刊スポーツ賞 黒潮盃から。
今年から地方競馬全体で「3歳秋のチャンピオンシップ」という事で、11月19日の
水沢でのダービーグランプリに向けて設定されたステップの最高峰となる一戦。
条件的には、最近だとオオエライジンみたいな余程力の抜けた馬でない限り、
南関の微妙な戦績の馬に分がある傾向が強く、南関重賞を勝っているために
斤量58kgのソッサスブレイ、57kgの東海ダービー馬ドリームズラインはやや不利。

ジャパンダートダービーを制したヒガシウィルウィンはもとより、羽田盃を制した
キャプテンキングも不在であれば、ブラウンレガートが人気になるだろう。
ジャパンダートダービーを使っての一戦となるが、羽田盃をスキップしている分、
的場文男票込みで人気になったとしても、ここは狙っておきたいところ。
シェアハッピーあたりが取捨に悩むものの、個人的には軽視かなぁと思う。
あとはキャンドルグラスやミサイルマンあたりに手が伸びるところだろうか。

あとは特別競走をいくつか簡単に。水曜船橋の千葉日報賞はフミノインパルスが
人気になりそうだが、バースフォンテンやセンティグレードあたりが気になる。
木曜大井は、牝馬限定A2以下のシンデレラチャレンジⅡ。“プレ”“Ⅰ”に続く
一戦で今回はマイル。Ⅰを勝ったファイトユアソングが人気だろうが、
そこで1番人気で負けたターフデザイナー、あとハナズリベンジあたりを。

なお、次回の火曜の更新までには、ダートグレードのクラスターカップが
行われることになっていますが、いつも通り前日に予想記事を更新する予定です。

(本文中敬称略)


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。