投稿者 gradefuji | 2017年7月17日

地方競馬予想2017~マーキュリーカップ

今年から“(メイセイオペラ記念)”の副題を付けて施行される2000m重賞。
近年はこのレースでも、いずれも元中央馬ではあるがユーロビートが勝ったり、
サミットストーンなんていう馬も好走している実績があって意外と油断ならない。

■7月17日・盛岡9R マーキュリーカップ(3歳以上JpnⅢ・ダート2000m)

ここ最近と比べると、中央勢のメンバーの質はやや落ちるかな…といった印象。
とは言え地方勢も、一応は南関東時代に結果を残したドラゴンエアルがいるけど
南関東からの遠征馬は不在、あと目ぼしいのはグルームアイランドくらいのもので
ある程度絞りやすい感じはあるものの、馬券的には買い方が重要になるだろう。

◎③ピオネロ
○⑤クリノスターオー
▲⑥ドリームキラリ
△②ミツバ
△⑩ディアデルレイ
×⑭ドラゴンエアル

中心はピオネロ。ある程度展開に左右される面はまだあるものの、そこそこ
強い相手にも堅実に結果を残してきているし、鞍上を含めてそこまで
大きく負けることはないだろう、連軸としては信頼度が高いと見て推奨。
相手はクリノスターオーとした。重賞3勝の実績馬だけに斤量56kgは仕方ない。
今回は海外遠征明けの2走目で、確実に状態は上がってくるはず。前走は
早々に脚が上がる結果になったが、一度使われた今回は違う結果になるはず。

穴のドリームキラリはハナを切ってくれることが前提。メンバーを見る限り、
ハナを切りそうなのはミツバかドリームキラリになりそうで、内枠を引いた上に
隣にピオネロがいるというミツバの出方次第では単騎も十分狙える。
そのミツバは、こちらが1番人気になると想定するが、人気になるからこそ
疑ってかかりたいという考え方が強い。こちらも中央オープンで3勝している
実力は認めるだけに、当日の状態を見てからの判断でも遅くはないだろう。

ディアデルレイは前走の負け方があまり良くないのが不安ではあるものの、
それで人気が落ちるようなら狙いどころとしては悪いとは思わないし、
距離が伸びるのはプラスだろうと思う。メンバーレベル的にも巻き返しは十分。
ドラゴンエアルは悩むが、一応今回の地方勢の中では大将格。2走前には
現在の道営最強馬・オヤコダカに差をつけられたが、休み明けのものだし
復調してくれば地方馬全体の中でも上位の馬だけに、ヒモ穴狙いならば。
他の地方馬はグルームアイランドを含めて、さすがに狙えないだろう。

広告

コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。