投稿者 gradefuji | 2017年7月12日

春夏のチャンピオンロードの締めくくり【時々是競馬(地方)】

まず回顧。スパーキングレディーカップはホワイトフーガがまさかの4着という
結果に終わったが、Webハロンの記事によるとノド鳴りの影響があったとのこと。
3~4角から捲くっていくときの脚そのものは突き抜けそうな感じではあったが、
手応えが良くなかったところを見ると、調子が良くなかったのは間違いない。
とは言えノド鳴りとなると今後の動向も気になるが、これは続報待ちか。

アンジュデジールは斤量が軽かったのもあるが、ダート転向後は4戦4連対と
ディープインパクトの産駒にしては珍しくダートが合うと見て間違いない。
もちろん秋以降に斤量が重くなってどうかとか、距離はどこまで持つのかなどと
懸念はまだいくらか残っているものの、今回の勝ちは素直に評価していい。
ララベルもようやくダートグレード制覇かと思ったが、なかなかに壁は高い。

星雲賞はオヤコダカが完璧なレース運びで、この相手でこれなら何度走っても
まず負けることはないだろう。もう一度他地区や、あるいは中央勢に挑んでも
恥ずかしくないレースができると思うが、ホッカイドウ競馬では中央所属の
古馬の牡馬が出走できるレースがなく…と思ってたら、どうやら次走は
JRA札幌のエルムステークスに出走する模様で、ひとつ注目しておきたい。

展望だが、この先1週間で組まれている水曜大井のジャパンダートダービーと、
月曜盛岡のマーキュリーカップは、いつも通り別記事で予想を公開します。
ここでは地方重賞から、木曜笠松の1400m戦・サマーカップを取り上げる。
馬券的な鍵は、近走もうひとつのインディウムになるだろうか。距離短縮で
少頭数の大外枠であれば、負けたら素直に力負けと受け取れる条件。

力関係としては、同じく兵庫からのトランヴェールとの一騎打ちだろう。
3着争いまで考え出すと、本当にマルカンパンサーでいいの?ということを含め
なかなか悩ましいことになりそう。当日の状態とオッズ次第で判断したい。

広告

コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。