投稿者 gradefuji | 2017年7月8日

暑さとの戦いも本格化【時々是競馬(中央)】

まず振り返り。CBC賞はセカンドテーブルが早め先頭から押し切るかという
ところだったが、シャイニングレイが最後方に近い位置から差し切り。
ハナを切ったアクティブミノルも3着に残し、人気のメラグラーナが後方のまま、
エイシンスパルタンも見せ場なしという形ではあったものの、行った行ったで
決着していてもおかしくない流れだったことを考えると、シャイニングレイの
勝利は価値のあるものと思う。秋に向けて、レッドファルクスとの対戦が楽しみ。

ラジオNIKKEI賞もウインガナドルがマイペースで逃げたが、やはりゴール直前で
セダブリランテスが差し切り。ロードリベラルも最後方から脚を伸ばした。
セダブリランテスは3戦3勝としたが、さあこれでどこまで秋に期待できるのかと
言われると、今回の相手関係を考えると微妙なところだが、2歳冬に勝ち上がり、
その後軽い骨折があったということで、結果的にクラシックに進めなかったことが
良い方に出ると思いたい。まだキャリア3戦というのは間違いなく大きな魅力。

巴賞はサトノアレスが人気に応えた。相手関係を考えれば、ここで勝てないと
今後も不安になるところではあったので、まずはひと安心か。どうやら次は
函館記念のようだが、中1週になるのがどうかという心配は残る。
白川郷ステークスはアドマイヤロケットが逃げ切り。全体的には行った行ったの
流れだったが、そういう意味ではナムラアラシあたりはもう一度狙ってみたい。

今週の展望は日曜の各場メインレースを取り上げる。まず函館ではダート1700mの
デルマーサラブレッドクラブ賞 マリーンステークスが組まれている。
馬券的な話云々を抜きにして、リーゼントロックとヨヨギマックは買いたい。
人気はテイエムジンソクだろうが、こうしてオープン特別連勝を狙った馬が
よくわからない負けをすることも最近多いので油断はできない。一応ハンデ戦だが
ジェベルムーサは巻き返しの余地ありと見る。あとメイショウスミトモにも注意。

中京ではダート1400mのプロキオンステークス。再昇級のベストマッチョあるいは
カフジテイクあたりが上位候補だが、人気にならなそうな組からナンチンノン、
メイショウウタゲあたりが気になる。地方から重賞勝ちがあるトウケイタイガーの
参戦もあるが、さすがに今回のメンバーで斤量57kgでは買いづらく感じる。

最後の福島はおなじみ、サマー2000シリーズの七夕賞。人気は割れそうだが、
57.5kgのマルターズアポジーを買うくらいなら、休み明けを差し引いてもまだ
ゼーヴィントの方が買える気がするがどうか。特に気をつけたいと感じているのが
ソールインパクトで、なかなか勝ち上がりに苦労しているものの、見方を変えれば
相手なりに走る馬とも言える訳で、元々の素質を考えればハンデ53kgなら…。

広告

コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。