投稿者 gradefuji | 2017年2月18日

着々と春は近づいている【時々是競馬(中央)】

まずは先週の回顧。京都記念は終わってみれば香港瓶を使っていた2頭での決着で
馬場状態も多少なりとも考慮する必要があったかも…とは終わってから言っても
遅い話なので、安易にマカヒキ負けられないで馬券を買ってはいけないなと。
マカヒキに関しては、次走が大阪杯になりそうな感じだが、他の有力どころが
休み明けでの参戦になりそうと考えると、良馬場を前提に強気に買いたいところ。

あと気になったレース・馬を簡単に取り上げておくが、洛陽ステークスを勝った
ダッシングブレイズは内を突いて鋭く伸び切った。意外にまだ重賞勝ちがないか
レースぶりだけで言えばいつでも重賞に手が届くレベルの力はあるので、
今後も積極的に馬券を買っていきたい一頭である。良馬場でも期待していい。

今週は古馬の重賞が4つもある上に更新が遅くなってしまったので、展望も
サクサク進めていきたいと思います。まず土曜日のレースから取り上げるが、
東京のダイヤモンドステークスは、昨年よりもハンデが0.5kgとはいえ軽くなる
フェイムゲームを中心視。あとは明け9歳だがまだまだ元気なところを見せる
ファタモルガーナに、穴候補はプレストウィック・サムソンズプライド。
アルバートは人気になりそうというのもあるし、58kkgも少し心配な材料と見る。
カフジプリンスもハンデを考えれば頭までありそうだが、買い方ひとつだろう。

京都牝馬ステークスはレッツゴードンキが55kgならば巻き返し必至だろうと
見たいところだが、ナックビーナスも牝馬限定なら間違いなく力量上位。
逆にアットザシーサイドは過去の実績に引きずられている感もあり微妙。
あと穴候補でエテルナミノルとウリウリ。後者は毎回取り上げている気もするが。

日曜の小倉大賞典は、あまりハンデ差がついていないので、基本的に重い順に
買っていけばいい気はいるが、一応名前を挙げるとフルーキー、ベルーフ、
ヒストリカル、ダコールか。軽量組ではストロングタイタンの巻き返しに注意。

そして注目のフェブラリーステークスだが、どこからでも買えそうなメンバーで、
下位人気の馬でもノーチャンスとは思えず、実は相当な混戦と見ている。
実績の割に人気がないサウンドトゥルーは使い詰めが心配ではあるものの、
乗り替わりのせいか東京コースなのにここまで人気ないなら狙ってみたくもなる。

個人的な特注馬はケイティブレイブ。間違いなく距離短縮はプラスで、
これまでのレースぶりを考えると外枠は大きなアドバンテージになるはず。
更に兵庫チャンピオンシップでちぎり捨てたゴールドドリームが人気というのは
どことなくコパノリッキーとベストウォーリアの関係を連想してしまうがどうか。

人気はカフジテイクだが、基本的には展開に左右されるタイプで、それだけなら
サウンドトゥルーあたりも同じだが、チャンピオンズカップ4着当時は人気薄で
今回は敢然たる有力馬として参戦すると考えると、同列に考えるのは危険。
あとはモーニンとノンコノユメがどれだけ人気になるかだが、どちらも割と
人気先行の面が強いので、馬券的においしくないレベルまでなってしまうかも。

最後に日曜東京のヒヤシンスステークスだが、エピカリスが人気になると思うが
オープンで多頭数の内枠という条件を考えれば、穴を検討する余地も多少あるか。
基本的には内枠に有力そうな馬が集まっているものの、個人的には57kgだが
シゲルコングが巻き返しの余地を残している気がしていて、人気次第で狙いたい。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。