投稿者 gradefuji | 2017年2月2日

国内で18番目くらいに遅い16秋アニメ振り返り②【アニメクルーン】

順番はテキトーなので、正しいか間違ってるかすらもわかりません。
ちなみに今回は②ってしてますが、①は1月3日に更新しているので、決して
間違いではありませんが、1ヶ月も間が空くのは、自分もどうかと思ってるw

ということで、配信で何とかすればいいやー…と思ってたら、1月末で配信終了に
なってしまう作品が出てきたことで、慌てて消化してネタが確保できたので
今回は思い出したように(笑)振り返り記事を更新したいなと思います。
本当は「ガーリッシュナンバー」あたりも完走したのですが、あまり一度に
ネタを投入すると後が厳しくなるので、今回は3本に留めたいなと。

ですが、本題に行く前に先に告知を。【アニメクルーン】としての更新を始めて
約1年ほどになりますが、3月29日更新分からは【Gamerfuji出張所】と統合して
【アニゲークルーン】として更新することにしたいと思います。まだ少し先なので
時期が近づいたら再告知しますが、そんな感じで今後ともよろしくお願いします。

■装神少女まとい
まず“そうしんしょうじょ”を変換しても、普通は一発でこの漢字にはならんので
ちょっと心配だったりしますが、漢字あってますよね(笑)? きっと大丈夫w
最初はスルーしようと思ったけど、見た目に反して萌えアニメだとか何とか
言われ出したところでチェックしよう…となったけど、いわゆる萌えアニメとして
見るとどこか中途半端な気がしたり、ギャグテイストに寄せたという訳でもなく、
良い意味で詰め込んだとも言えるし、どっちつかずになった感もあるのかなと。

というかアレだ。最終回と付いてた総集編の最後に出てきた ゆまちんの声の人の
「だいたい服着ててタイトル詐欺っぽい? はっw」の流れで全て吹っ飛んだw
もうアレやん。声優による実写ドラマの方がもっと面白くなるんでね?とw
まぁ、この手のやつは実写でやっちゃダメなやつな気もしますが(笑)。
あ、あと個人的には「装神少女ゆまちん」をもっと見てみたい気がしますねww

■Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-
前にも書きましたが、あくまで個人的には“武蔵野・三鷹枠”要は地元を舞台に
設定した作品、という括りで見ていましたが、その観点でまず突っ込みたい。
最初は「東京都三鷹市の井の頭公園で~」とかって言ってたけど、一方では
武蔵野警察署が対応してたり、後半では「東京都武蔵野市の井の頭公園~」に
なってたりして、一体どっちやねんwと。最終的にはどっちでもいいんだけども。
あと最終盤に出てきた「下連雀の研究施設」がどんなのなのかすごく気になったw

本編の方は、我聞くんのような典型的なキモヲタキャラ(と言っていいだろう)が
見ててすごいもどかしいというか、途中から割と本気でウザくなってきて(笑)、
そういう風に感じさせられたという意味では、我聞くんには負けましたね。
この手の作品は二度三度と観ることで面白さがわかる作品だと感じてるものの、
観る時間が…というのを別にしても、その領域までたどり着くのはなかなか
ハードルが高いな…とも。観る方もエネルギーが必要な作品ですね。

■魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン
ショートなので手短に済ませますが、まず飛騨牛ネタがなかったのが残念w
そして最後の方で、魔法の力で水中でも普通にしていられる能力が出てきたり、
結界を張らないといけないとかいう取ってつけたような設定(笑)が出てきて
見た目の体裁としては、一応魔法少女をやってたんだなと。緩いノリの作品なので
この程度でちょうどいいんじゃないかなと。さくっと見るにはちょうどいい感じ。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。