投稿者 gradefuji | 2017年1月28日

新GⅠ誕生もまずは目先のGⅠへ【時々是競馬(中央)】

まずは27日のニュースとして、ホープフルステークスがGⅠに昇格、
ターコイズステークスがGⅢに格付けと正式に決まり、これでこのあたりの話は
ひと段落ということになるだろうか。今年のホープフルステークスに関しては、
有馬記念の後の平日(木曜日)に施行というのが各所で言われていることだが、
年末年始で中1週空いてしまうことの穴埋め作でもあると思われるので、
まずは今年の取り組みがどうなるかをちゃんと見てからだと、個人的には思う。

ということでここからは平常運行。まずは先週の回顧は東海ステークスから。
結果的にはグレンツェント強かったに尽きるのだが、残念ながら本番は回避し
帝王賞を目指すという報道がある模様。先のある4歳馬で、今後も期待ではある。
あとカゼノコがいつも通り後方追走ながら直線の伸びは際立っていた。安定して
終いの脚を使えれば、そのうちチャンスは回ってくると思う。少し気にしたい。

アメリカジョッキークラブカップの、シングウィズジョイの落馬については
パトロール映像の時点で嫌なバランスの崩し方をしていたが、残念な結果に。
レースの方は、タンタアレグリアが絶好の手応えで内々を回って抜け出した。
+12kgの馬体を含め、一息入れたことがいい方向に出たのだろう。今後も楽しみ。
概ね人気上位馬が上位に入ったが、リアファルについては前のペースが
若干速かった感があるので、急に失速したのもそのあたりかなぁ…とは思う。

続いて今週の展望。例によって古馬オープンが中心になるが、まずは日曜京都の
シルクロードステークスから。ハンデを背負っているネロやダンスディレクター、
ソルヴェイグあたりが中心になりそうだが、個人的にはラインスピリット。
前走の斤量58kgはどうかと思ったが結果を出して、今回2kg軽くなるのは大きい。
ただ、頭数の割に穴馬候補は多く、人気も割れそうで難しい一戦になりそう。

日曜東京の根岸ステークスは、先週の東海ステークスがありながら、
“Road to フェブラリーステークス”とでも言わんばかりのメンバーが集結。
朝イチでラブバレットに大量投票が入っているようだが、ニシケンモノノフや
ノボバカラあたりと比較すると条件面で厳しそう。下手な中央馬より力はあるが。
馬券的に気にしたいのはベストウォーリア。もともと1400mのスペシャリストで、
なおかつ人気を落としそうなメンバー構成なので、狙わない手はないだろう。
似た視点からキングズガード、あと条件面で楽になるグレイスフルリープも一考も
正直どれかってどれ切るという判断は、こちらも相当悩むことになりそう。

あとは注目馬のみ簡単に。土曜東京の白富士ステークスはサムソンズプライド、
サクラアンプルール、穴でロンギングダンサーとスーパームーンを。
土曜京都の牛若丸ジャンプステークスからはリヴゴーシュ、人気になりそうだが
メイショウヒデタダ、穴で狙いたいワンダフルワールドをチョイス。
最後に日曜中京の長篠ステークスはフィドゥーシア、穴でマルヨバクシンを。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。