投稿者 gradefuji | 2017年1月25日

春に向けての戦いが続く【時々是競馬(地方)】

いつも通り、先週の振り返りと今週の展望の2本立てでお届けします。
まず振り返りはニューイヤーカップから。ヒガシウィルウィンは枠順を考えたら
完勝と言っていい内容。レース運びも上手かったが、地力も上と見ていい。
中央からの転入初戦だったカンムルも、枠順を考えれば走った方といえる。
逆にバンドオンザランが終始外を回されたとはいえ、あんまりなレースだった。

園田クイーンセレクションはスターレーンが押し切れるかといったところを
ゴール寸前でカツゲキマドンナが交わしていた。道営から名古屋移籍後も
決して強さを感じるレースをしていた訳でもなく、3歳牝馬限定戦らしい
紛れの多い一戦だったということが言えそう。アナザードアは案外。

あと火曜大井の3歳牝馬限定準重賞・’17桃花賞も簡単に。アップトゥユーが
内枠からハナを切ったものの、ペースが速かった上に斤量56kgでは苦しかったか。
単勝1.3倍という支持を受けながら4着で、2番人気-5番人気-3番人気で決着して
3連単が6万オーバーというのも驚いたが、ユングフラウ賞で改めて見直しか。

今週の展望ですが、まず水曜大井のダートグレード・TCK女王盃については、
火曜の発売前のうちに予想記事を公開しており、現時点では変更事項も
特に無いようなので、こちらに関して当該記事(たぶんひとつ前)を
ご参照いただいて…ということにしたいと思います。

その他のレースからは2鞍。まず木曜笠松の、日刊スポーツ杯 ゴールドジュニア。
人気はセイプレジールとイスタナが二分すると見たが、前者が前走の転入初戦で
きっかけを掴んでいれば頭は揺るがないと見るが、枠順が枠順だけに、
ハナを切れないとダメな馬でした…となると大惨敗の可能性も拭えない。
穴はフリーゴーイングとリックマトリックス。いずれも外枠だけに道中が鍵。

同じく木曜からは大井の準重賞・’17ウインタースプリント。絶妙なメンバーが
16頭集まった感じだが、気になるのはモダンウーマン。サウスヴィグラス産駒で
この距離がいい可能性はある。ただ、明け4歳の牝馬が57kgを背負うのはどうか。
距離が短くなって面白そうな馬を中心に見るのが面白そうで、他に挙げるなら
ノットオーソリティ、ゴーディーか。転入初戦のカリスマサンスカイは人気次第。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。