投稿者 gradefuji | 2017年1月24日

地方競馬予想2017~TCK女王盃

水曜日のレースになるので、予想記事は前日の火曜日に公開する、という流れが
いつものパターンではありますが、今回はSPAT4プレミアムポイントが行う
前日発売キャンペーンに対応するため、このタイミングでの記事公開とします。

■1月25日・大井11R TCK女王盃(4歳以上JpnⅢ・ダート外1800m)

基本的にはホワイトフーガとトーセンセラヴィの一騎打ちと考えていいだろう。
ただ、今回はホワイトフーガが3kg余計に背負っているだけに、印の上では地力で
ホワイトフーガ上位と見たが、1800mよりは1600mの方がいいであろうタイプだけに
逆転があっても何ら驚けない。トーセンセラヴィにとっては、そういう意味では
連対を外すことが許されないメンバー構成であるとも言える。というかここで
メドを立てないと、今後更なる条件緩和は難しいだけに序列が決まりかねない。

◎⑨ホワイトフーガ
○②トーセンセラヴィ
▲⑫タマノブリュネット
△①マイティティー
△③タイニーダンサー

ちなみに自分は既にキャンペーン応募済みですが、どの景品に応募したのかは
敢えて書かない方向で。だってそれで競争率が上がったら嫌やん(笑)?
まぁこんなPVが少ないブログに限ってそんな事はないでしょうけどねww
ちなみに返還が発生した場合、返還金額分は購入したとみなされないようなので
記事公開後に競走除外馬が出てしまったらごめんなさい…という事で、ひとつ。

穴はタマノブリュネット。当初はまさかの補欠1番手だったが、トロワボヌールの
回避で出走がかなった。ただ、当初ルメール騎乗予定が中山での落馬の影響で、
真島に乗り替わり。とは言え鞍上の心配は不要で、外枠もレースはしやすいはず。

タマノブリュネットより選定上位だったワンミリオンスとマイティティーだが、
前者はしばらくずっと1400mばかり使われていたのが心配。それなら一度地方にも
参戦してきたマイティティーの方が、馬券的な意味を含めて魅力が大きい。
ただ最内に入ってしまったので、展開がどうなるかで大きく変わりそう。

タイニーダンサーは斤量56kgを含め、決して条件は良くないが、地力だけなら
2~3番手の存在ではあるはず。自分の競馬に徹すればチャンスはあるだろう。
ディアマルコやポッドガゼールあたりも気にはなるが、印を回すには至らず。

あ、あとすっかり忘れてましたが、2017年も地方競馬のダートグレード競走は
これまでと変わらず、原則当該競走前日をメドに、予想記事を公開していきます。

(本文中敬称略)


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。