投稿者 gradefuji | 2017年1月3日

仕事始め&金杯前に懐を温めたい【時々是競馬(地方)】

中央競馬の開催がない&地方競馬はかき入れ時ということもあり、こちらの更新が
立て続けに続いていますが、次回は1月10日の更新を予定しています。
その間に、金杯含め【時々是競馬(中央)】を2回更新しますので、余裕があれば
ご覧いただければと思います。ひとまずは2017年もよろしくお願いいたします。

まずは前回展望した12月31日のレースの回顧。東京2歳優駿牝馬は意外と言っては
失礼な気もするが、まずピンクドッグウッドの人気が無さ過ぎた事に驚き。
名古屋への移籍が嫌われた可能性もあるが、そもそも名古屋で出走しておらず
エーデルワイス賞の結果を軽くチェックするだけでも簡単に買えた馬券。
この結果を受けてか、レース後に船橋への移籍が決まったようで今後も注目。
ヤマミダンスは結局、東海・金沢の馬だということなのだろうと思うしかない。

桐花賞はナムラタイタンとアントニオピサが終始先頭・2番手で固定され、
3着争いが焦点というようなレースで、ナリタスーパーワンが伸び一息のところ
コミュニティが脚を伸ばした格好。配当も平穏で話題を広げるのも辛い結果に。
東海ゴールドカップは名前を挙げた馬がイマイチでアレな感じでしたが(笑)、
アサクサポイントは前走の内容と今回の条件を考えれば、結果自体には納得。
2着以下はこのあたりのメンバーだと、正直どんぐりの背比べ状態だろう。

続いては展望だが、まだ火曜日で週末のレースまで手を広げるのは大変なので、
3日のレースから取り上げることとしたい。来週の回顧では、余裕があれば
月曜水沢のトウケイニセイ記念あたりまでは含めたいなと考えています。

展望のひとつ目は、川崎の報知オールスターカップ。前日発売のオッズも
なかなか割れていて意外と馬券的に楽しめそうだが、ケイアイレオーネは
斤量的にも問題ないので連軸信頼と考えたい。相手に買う馬も悩ましいが、
個人的にはオメガスカイツリーを買うならタイムズアローやクラージュドールに
手を出したいところ。一発の可能性を考えるなら休み明けだがドラゴンエアル。

名古屋記念はカツゲキキトキトか。名古屋グランプリ3着から一気の距離短縮も、
その前は57.5kgを背負って1400mのA1で楽勝。この馬だけで見れば57kgのハンデは
全く問題ないものの、逆転があるならハンデが恵まれた感のあるワールドエンド。
園田の新春賞は、まずバズーカが人気になるはず。ただこちらもハンデ戦で、
バズーカの58kgは少し心配。それならタガノトリオンフやアサクサセーラ、
個人的にはやや信頼度が低いがエイシンニシパも十分圏内と考えていいだろう。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。