投稿者 gradefuji | 2016年12月29日

地方競馬予想2016~東京大賞典

競馬界はこれで一年の区切りを迎えることになるが、何度かこのブログでも
【時々是競馬】などで触れている通り、地方競馬については年末だろうが
お正月だろうが一切関係なく、どこかしらの競馬場でレースがあるので、
時間と懐具合を見た上で、そちらの参加も検討してはどうだろうか。

■12月29日・大井10R 東京大賞典(3歳以上GⅠ・ダート外2000m)

◎⑧アウォーディー
○⑭サウンドトゥルー
▲⑪アポロケンタッキー
△⑤ノンコノユメ
△⑨カゼノコ

朝の時点で重馬場というコンディション。昨日からは多少回復したものの、
もしかしたらやや重までは回復するかなぁ…レベルと考えていいだろう。
昨日は外回りの1700m以上のレースがなかったが、内回りの1600mでは
前につけた馬は少し苦しいレースが多かったようにも感じるがどうか。

それでも中心はアウォーディー。地力も高いし展開面の自在性も高いのは強み。
大井は初めてだが地方のダートに苦労することもなさそうだし、武豊ならば
チャンピオンズカップの反省を活かしたレースをしてくれるはずだ。

相手はサウンドトゥルー。ちゃんとした決め手を持っているのはやはり脅威。
この2頭は人気にもなっているが、正直仕方ないのかなとは感じている。
となると相手が鍵になるのだが、思い切ってアポロケンタッキーを推奨。
使われて確実に状態が上がっているので、直近3ヶ月で5戦目という過程は
決して楽ではないものの、来年につながるレースを期待したいところ。

ノンコノユメはそろそろ何とかなってもいい気はするが、サウンドトゥルーに
差し脚で勝ったことがないところを見ると、半信半疑という評価になってしまう。
カゼノコは自分の競馬にさえ徹してくれれば…という気持ちだが、GⅡ・GⅢでは
どうしても斤量を背負わされてしまうので、定量戦であることはプラスになる。

逆に買いにくいのはコパノリッキー。馬自身の人気でオッズをつけている部分も
あるだろうし、今回は鞍上が戸崎圭太というのも材料になっているとは思うが、
枠順考えたらハナを切ることが大前提になってしまい、それだけでも厳しい。
モズライジンは格が落ちる、ハッピースプリントも3歳に軽く捻られるようでは。

(本文中敬称略)


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。