投稿者 gradefuji | 2016年12月28日

地方競馬予想2016~兵庫ゴールドトロフィー

年末の園田恒例のハンデ重賞。ただ、来年は12月28日の木曜日に中央競馬の開催が
行われることになっていて、このレースをいつ施行するのかが今から懸案事項。
同日開催という目もなくはないだろうが、それだと競馬場への来客という意味では
近隣の阪神競馬場に持っていかれることが明らかで…。ここは続報を待ちたい。

■12月28日・園田10R 兵庫ゴールドトロフィー(3歳以上JpnⅢ・ダート1400m)

◎⑪ニシケンモノノフ
○⑫ノボバカラ
▲⑦オヤコダカ
△⑨ドリームバレンチノ

ハンデは概ねそんなもんかなぁ…という気はするものの、アドマイヤロイヤルは
明らかに過去の実績を引きずったハンデで、戦前から厳しいと言わざるをえない。
ラブバレットとオヤコダカの間には差がついてほしかったが、仕方ないか。

中心はニシケンモノノフとした。まず間違いなくノボバカラが人気になると
思われるが、58kgの斤量を初めて背負うというのがポイントになると見ていて、
ニシケンモノノフが一矢報いるなら、ここがラストチャンスでは…とも思える。
引き続き鞍上は横山典弘で、何かやってきそうな雰囲気もあるのだがどうか。

相手はノボバカラ。実力通りまともに走れば、馬券から外すことはできない。
大外枠も決してマイナスにはならず、むしろ前走よりもレースは運びやすいはず。
逆に言うと、そこが落とし穴になる可能性も見て印を決めた部分もあるのだが。

ドリームバレンチノは昨年も59.5kgを背負って2着には残しているのだから、
斤量を心配するのは今更な感も。2走前の東京盃勝利を含め、まだ衰えはないか。
オヤコダカは笠松グランプリで1400mにもちゃんと対応できたのが大きい。
自分の競馬に徹してくれれば、馬券的に面白くしてくれるチャンスは十分ある。

グレープブランデーは悩んだが、2走前の韓国で地元馬に軽くひねられたあたり、
現状の実力に疑問符をつけざるを得ないと判断。ラブバレットは正直に買うなら
オヤコダカより上の評価になるのだが、最内枠が仇になりそうな気がして…。

(本文中敬称略)


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。