投稿者 gradefuji | 2016年12月23日

年末に“史上初”が3つ【時々是競馬(中央)】

こちらではいつも通り、高山特別以外の話題でお届けします。
ちなみにずっとスルーしていた先日の香港については軽く触れると、
香港短途錦標だけ軽く手を出して、ほどほどのプラス収支と微妙な結果。
サトノクラウンは大変身を見せて香港瓶を勝ったが、突如の覚醒には驚いた。
香港盃はエイシンヒカリとモーリスの一騎打ちに期待する馬券を買ったが、
ハイペースで飛ばして失速という、ある意味エイシンヒカリらしいレースと
モーリスの日中完全制圧と言うべき強さを見れたのは、馬券を離れて満足。

先週の日本は、まず朝日杯フューチュリティステークス。ミスエルテは戦前から
イレ込んでいたという情報もあったようだが、馬券は期待票も多かったと思われ
まずは牝馬同士で改めて…というところだろう。見限るには当然まだ早い。
結果だけで言えばサトノアレスとモンドキャンノの末脚が光った一戦だが、
見方を変えればボンゼルヴィーソの積極策も見逃せない。いずれチャンスは来る。
トラストはやはり距離が伸びて…という気がする。逆によく5着に残ってくれた。

ターコイズステークスは昨年に比べれば平穏な結果。マジックタイムはさすがに
牡馬相手にこの舞台の重賞を勝っているだけのことはある。レッツゴードンキは
前走で川崎を使っていながら、トップハンデを背負って上がり最速は褒められる。
ただ、これで次走相手にもよるが人気になるようなら、それはそれで不安。

続いて今週末の3日間の展望を一気に取り上げるが、まずは有馬記念からだろう。
キタサンブラックの最内枠が大きくレースを左右することになるが、逃げ宣言の
マルターズアポジーやサムソンズプライドがいる分、逆にレースは運びやすいと
考えているがどうだろう。サトノダイヤモンドも実力的には上位争い必至。
現時点でのオッズで見る穴候補はシュヴァルグランとミッキークイーンで。

金曜中山ではもうひとつのGⅠ・中山大障害が組まれる。(確か)WIN5史上初めて
障害レースが対象に組み込まれた事でも注目だが、まずはレース単体で当てたい。
オジュウチョウサン一強、あるいはアップトゥデイトとの一騎打ちムードだが、
ちょっとしたことで平気で着順が入れ替わるのが障害であり、馬券的な意味でも
マキオボーラーやサンレイデュークあたりの台頭があっても驚けないと見ている。
…と思ったら、この記事を公開するタイミングでマキオボーラーが取り消し…。

土曜阪神の阪神カップはミッキーアイルが参戦してきたものの、単純に個人的に
この臨戦課程が不満(笑)。とりあえずデムーロとルメールを買っとけ理論で
イスラボニータとフィエロ、実績の割に人気薄のロサギガンティアや
トウショウドラフタといったところが気になる。定量戦だが決して平穏ではない。
土曜中山の師走ステークスはグレンツェントが人気になるか。相手探しの様相だが
ハンデ含めメイショウウタゲやドリームキラリ、メイショウスミトモも面白い。

あと土曜は阪神8Rに注目。史上初めて阪神で芝2600mというコース設定で行われる
一戦だが、フルゲートの18頭が参戦し、手元でデータが確認できる1980年以降で
芝2600mで18頭以上が出走したレースはなく、これも史上初。恐らくは下級条件の
長距離戦が2月の小倉まで無いことによる番組整備の一環でもあると思われるが、
このコースが定着するかどうかを含めて、いろいろな意味で注目の一戦と言える。

日曜は阪神のファイナルステークス。さすがにグレイスフルリープは59kgでは…。
エイシンバッケンやスマートアヴァロンが人気になりそうな気配もあるものの、
スーサンジョイやサノイチといった少し着順を落とした馬が馬券的にも狙い。
あとホープフルステークスも簡単に触れると、超良血のグローブシアターに注目。

あと年末年始の更新予定を忘れていましたので追記。【時々是競馬(中央)】は
年内の更新は今回が最後です。次回は1月4日に今週の回顧と金杯などの予想、
1月6日に金杯などの回顧と週末の予想を中心とした構成の予定です。

(本文中敬称略)


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。