投稿者 gradefuji | 2016年11月23日

地方競馬予想2016~兵庫ジュニアグランプリ

浦和記念をケイティブレイブが勝ったことで、武豊による地方のダートグレード
通算100勝達成という話題が、NAR公式サイトのトップページにも掲載されている。
現在は年間40前後行われるレースのうち、単純計算で年間5~6勝している訳で、
どれだけ有力馬を任されて、なおかつ勝ち切っているかという事になるのだが、
そろそろ地方を含めて新しいトップジョッキーの登場に期待したくなるところ。

■11月23日・園田10R 兵庫ジュニアグランプリ(2歳JpnⅡ・ダート1400m)

◎⑫ネコワールド
○⑨ハングリーベン
▲⑥キャプテンロビン
△⑤ゲキリン
△②ブレイヴコール

全日本2歳優駿に向けてのステップレースではあるが、今年は北海道2歳優駿で
ぶっちぎりの大差勝ちを決めたエピカリスの動向次第という面もあるだけに
こちらもチェックはしておきたいものの、どうしてもあの一戦を見ると…。

基本的には中央馬と言いたいところだが、5頭中、芝でしか勝っていない馬が2頭。
その2頭はどちらも初ダート。もっとも、そんな馬でも勝ってしまうレースであり
近年は他地区馬を中心に地方勢も一発を演出するケースが多いので尚更難解。

とりあえずの中心は、武豊騎乗のネコワールド。相手にはハングリーベン。
このレースに向けての中央馬のステップレースとして目立つ、ヤマボウシ賞と
なでしこ賞の勝ち馬だが、外枠から進められるネコワールドが一歩優位と見る。
ヤマボウシ賞の直接対決の結果より、ネコワールドが人気になりそうではある。

ゲキリンは、なでしこ賞で1番人気に支持されるもハングリーベンの2着。距離も
メドを立てたし、ハナを切らないと…という事もなさそうなので巻き返しは十分。
地方馬からは、“あの”小久保厩舎が送り込んできたキャプテンロビン。
勝ち切るのではどうかだが、馬券圏内くらいならチャンスがあってもいい。
あと地元から、ヤマボウシ賞にも参戦したブレイヴコールに一発の魅力を感じた。

リンクスゼロはダリア賞を勝っているものの、未勝利馬も何頭も出ていたレースで
出走各馬のその後も芳しくないだけに、レベルは疑問。最内もあまり良くない。
アズールムーンは芝の牝馬限定だけで2勝。ここに入ると力関係に疑問が残る。

(本文中敬称略)

広告

コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。