投稿者 gradefuji | 2016年10月13日

地方競馬予想2016~エーデルワイス賞

ホッカイドウ競馬公式サイトで参加できる重賞予想ゲーム、前にこの話題を
取り上げたときはまだ的中なしという状況でしたが、その後はどうにか
ブリーダーズゴールドCの3連単、旭岳賞の馬単、瑞穂賞の馬単・3連単を的中。
どっちも堅い決着ですけどね(笑)。とりあえず全敗は免れてよかった。

■10月13日・門別11R エーデルワイス賞(2歳JpnⅢ・ダート外1200m)

◎⑫ピンクドッグウッド
○⑧ハタノオヌール
▲⑪アイルキャッチユー
△⑭リエノテソーロ
△①アップトゥユー
△⑤シェアハッピー

普段は「2歳戦はよくわからない」と言っているものの、昨年だと暮れの
東京2歳優駿牝馬の3連単を取ったりしているので、もしかしたら自分が考えるほど
苦手ではないのかもしれないけども、やっぱり不確定要素が多いだけに難しい。

ます最初の話題は、中央勢との比較だが、今回の中央勢は4頭中3頭が芝でしか
走っていないという状況で、さすがに判断に悩むところ。一応すずらん賞を勝った
リエノテソーロは上位の評価をしていいと思うが、その前走が連闘での勝利で
一度本州に移動してまた北海道というのは、少し不安要素になりうる材料。

ホッカイドウ勢に関しては、今年の2歳牝馬の大将格がピンクドッグウッドと
考えていいだろう。前走のリリーカップの負けは行き脚がつかなかったのか
意図的に控えたのか微妙な感じだが、今度はそれなりのレースをするだろう。
ピンクドッグウッドをそのまま中心視して、相手は順当にハタノオヌール。
とは言え展開ひとつでコロコロ着順が変わる可能性を秘めているので、
あまり人気上位が予想されるこのあたりを信頼しすぎるのも危険な気がする。

穴はアイルキャッチユー。メイクデビューがさほど注目されていなかった中での
いわば大激走という形になったが、それ以来の3ヶ月ぶりの実戦というのは、
個人的には好感を持って見ている。どれだけの人気になるか次第だが魅力は十分。

あとは地方勢から穴馬候補を探していくと、最内がやや心配だがアップトゥユー、
素直にリリーカップ上位のシェアハッピーの名前を挙げておきたい。
オーブスプリングやジュンアイノキミあたりは悩んだのだが、距離短縮による
プラスよりも、相対的に見た時にマイナスの方が大きいのでは…と判断。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。