投稿者 gradefuji | 2016年10月8日

GⅠ連戦の前の3日間開催【時々是競馬(中央)】

まずは先週の振り返りから。情報量が多いので重賞と凱旋門賞だけ取り上げます。
シリウスステークスは概ね人気通りで決着したが、1000m通過が1分00秒5と
比較的流れた割には、ほぼ前が止まらかった。確かに当日の阪神ダートは
全体的に前に行った馬での決着が多かったが、だとしてもキョウエイギアが
休み明け・やや行きたがったことを考えてもパッタリ止まっていたのを見ると、
単純に上位3頭の充実ぶりが上だったということか。ミツバはよく脚を伸ばした。
今後に向けては、休み明けでハンデも背負っていたアポロケンタッキーに注目。

スプリンターズステークスは、ビッグアーサーは負けるとしたらこんな感じという
考え得る限り最悪なレースをしてしまったと言っていい。茶化すつもりはないが
最近のダビスタを見ているかのようなレベルで前が詰まり、ゴールの瞬間も
明らかに鞍上の腰が浮いていた。個人的にはこういう展開を恐れていたので、
ビッグアーサーがスタート後に控えた瞬間に「しめた」と思ったものですが。

レッドファルクスは直線でビッグアーサーの行き場を封じたデムーロも流石だし
それに応えるだけの脚を持っていた馬の方も見事。ミッキーアイルは休み明けで
どうこう言われていたが、うまくペースを落とした分で2着に残せたと言える。
それにしても、2番人気と3番人気の馬連が45倍もついたのも驚きだが、この配当に
目が届かなかった自分を責めたい。過剰な穴を狙う前にここは押さえるべき。

凱旋門賞については、先週のこのブログで挙げた名前だけ買ってれば、実は簡単に
馬連万馬券をヒットさせていたはずなのですが…。自分は日和って牝馬・3歳勢を
中心に馬券を買ってしまいました。こういうところは日本のレースを買おうが
海外のレースを買おうが、あまり変わらないもんだな…と思い知らされました。

マカヒキに関しては、終始外を回らされていた時点で少し怪しい感じはしたが…。
信憑性に大いに疑問が残る、某サイゾーの自称風刺記事サイトなんかでは、
ルメールが本気のマカヒキに乗った事がなかったから、これで行けると錯覚した…
という趣旨の記事を載せていたが、なんだかんだ言って実力差が高いレベルで
接近した相手とレースをすると、その程度と思いがちな出来事の積み重ねで
思わぬ大敗を喫することになる、という最強決定戦の恐ろしさを見た気がする。

という事でここからは今週の展望。まず土曜のサウジアラビアロイヤルカップは
頭数が少ないので、クライムメジャー・ダンビュライトと名前だけ挙げておく。
土曜京都メインの平城京ステークスは、1600万ならモズライジンとアルタイルを
上位評価とする。個人的にはヨヨギマックも気になるが、人気になりそうで微妙。

日曜は京都の夕刊フジ杯オパールステークスから。ラヴァーズポイントあたりが
人気を集めそうだが、ラインスピリットとアルマワイオリが気になる存在。
いずれも近走芳しくないが、1400m以下に限ればそこまで大きく負けていない。
他馬を含めて波乱含みの様相を呈しており、安易に人気馬を買うのは危険。
毎日王冠はルージュバックが人気になるだろう。ロゴタイプは安田記念での
レース内容を考えると、今回は買いづらい。あとはデイサイファやクラレント、
人気次第にはなるがウインフルブルームもマークしておきたいところ。

月曜日の京都大賞典は、キタサンブラックとラブリーデイの力比べに期待。
割って入れそうなのはラストインパクト、アドマイヤデウスまでと見る。
最後に馬券的に一番面白そうなグリーンチャンネルカップ。人気になりそうな
キングズガードは58kgが鍵だが、頭で買うのは少し勇気が必要と見ている。
逆転が見込めそうなのはタールタン、サノイチ、ブルドッグボス。
スーサンジョイは人気は落としそうなので一考の余地ありもその前走が…。
ディーズプラネットは人気次第。牝馬で58kgのトロワボヌールは苦しいか。

(本文中敬称略)


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。