投稿者 gradefuji | 2016年9月7日

本格的に秋競馬突入へ【時々是競馬】

まずは先週の振り返り。アフター5スター賞はルックスザットキルが格の違いを
見せた形。マリカが予想以上に粘っていたが、かわしてからは危なげなかった。
1番人気は結局アドマイヤサガスだったが大差のシンガリ負け。レース中に故障、
そのまま引退という情報があるようで、そうなった以上はどうしようも無い。

秋桜賞はトーコーヴィーナスがハナを奪って、形だけで言えばそのまま押し切り。
ディアマルコが伸びあぐねていたところを見ると、距離適性の差なのかなと。
逆に穴を開けたベルラインは元々短距離タイプで、うまく流れに乗った感じか。
あと今日(6日)行われた金沢のイヌワシ賞も簡単に。向こう正面で決死の捲りを
決めたエーシンクリアーが勝ったが、個人的にはグルームアイランドの今後を
少し追いかけてみたいと感じた。南関東の重賞を勝っているとはいえ、決定的な
実力差がある訳ではないので、また挑戦者の立場としての出直しに注目したい。

中央はまず札幌2歳ステークス。トラストの逃げ切りについては単騎とはいえ、
いいペースで飛ばして、最後までちゃんと伸びているように感じた。オーナーが
オーナーだけにある程度注目されていた存在だが、将来性も相当高そうだ。
あとブラックオニキスは、いくら牝馬だとはいえさすがに人気が無さ過ぎた。
個人的には少し気付くのが遅れて大物を逃す結果になったが、教訓としては
盲目的に芝1800mの新馬勝ち馬だけ買ってると、こういう事もあるぞと…と。

新潟記念はアデイインザライフが差し切り。さすがに最終週という部分も
あるだろうが、もともとこれくらいは期待されていた存在だけに驚かない。
逆にアルバートドックは軽視していたが、ローカルGⅢ大将で終わるのか
もう一段階上を目指せる馬なのか、次が試金石の一戦になると見ていい。
あと丹頂ステークスは、結果だけで言えばまさに夏競馬という感じの一戦。
格上挑戦が成功した形のヤマカツライデンだが、次の2~3走は様子見か。

続いて今週の展望。まず南関東は来週火曜の川崎・戸塚記念まで重賞はない。
その戸塚記念は登録馬からの展望になるが、ミスミランダーとバルダッサーレの
一騎打ちムードか。ジャーニーマンはさすがに2100mでは手を出しにくいが…。
ヒモ荒れは十分に見込めるメンバーだが、斤量差込みでも逆転までは厳しいか。

中央からは土曜中山の“第1回”紫苑ステークス。パッと見ではビッシュが
人気になるかなという見通しを立てているが、毎年のように荒れるので難しい。
こちらも人気候補だがパールコード、あと名前だけだがフロンテアクイーン、
クィーンズベスト、抽選待ちになるがシークザフューチャまで挙げておく。

土曜日は阪神・エニフステークスが個人的勝負。昨年は馬連万馬券決着ながら
きっちり獲った相性の良いレースでもあるが、今年は少し頭数が少なくなりそう。
期待したいのはピンポン。距離短縮はプラスになるだろう。あと休み明けだが
サクラエールが穴候補。ブルドッグボスは人気だろうが阪神の1400mはどうか。

そろそろ長くなってきたので、日曜のダブル重賞は注目馬だけ簡単に挙げる。
京成杯オータムハンデはピークトラム、ラングレー、ダノンリバティ。
ロードクエストは人気次第だが、中山向きというイメージはないので慎重に。
セントウルステークスはビッグアーサーを筆頭にネロ、ウリウリ、
人気が落ちればラヴァーズポイントまで。穴候補にレッドアリオンを。

広告

コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。