投稿者 gradefuji | 2016年7月21日

俺的16夏アニメレビュー①【アニメクルーン】

さて3週に渡って春アニメの振り返りをしてきましたが、ここからは夏のアニメを
取り上げようと思います。まずはいつものように、自宅のAQUOSの画面を使って、
自分が今期チェックしていて、ここで取り上げる作品を紹介しておきます。

20160720

春からの継続作品を含めて14作品ありますが、実際は配信限定作品という、ある意味
ワイルドカード的な作品があるので、それは最後に回すとして、まずはこの14作品を
放送開始日時が早い順に取り上げていきたいと思います。全3回程度の予定です。

■ラブライブ!サンシャイン!!
ここで今更書くのもどうかと思いますが、ぶっちゃけガワ変えただけの焼き直しと
言われても仕方ないところかなぁ…と。3話まで進んでいますが、ここまでだけでも
どこかで見た流れとキャラばかり並んでいて、これが!という人もいるだろうけど
少なくとも自分としては、観てて面白くないというか、とりあえずラブライブ!の
名前で何とかなるやろ的な印象が強く、次が気になるという感覚に乏しい感じ。

とはいえ、今となってはアイドルマスターである必要性がこれっぽっちも無い
某シンデレラガールズに比べれば、μ’sに憧れ、μ’sを目標にするという意味では
明確にラブライブ!でなければいけない理由になるので、そういう意味では好感。
ただ、これくらいしかポジティブな要素がないのも事実で、これからどうするか。

■Rewrite
随分前からアニメ化とか何とか言われてたクチの作品ですが、まずテーマ曲に
あの曲を採用したのはポイントが高いですね。変に新しい曲を用意するよりも
ずっと作品に合っているのもあるし、実際は大人の事情も多分にあるかもしれない
ところですが、好意的に捉える人も多いだろうなと思ってますがどうか。

PCゲームの方は、なぜか“ハーベストフェスタ!”の方だけ中古で買っていて、
あまりちゃんとやっていないという現実があるので、実質原作を知らない部類に
入りますが、謎が謎を呼ぶ展開とか、ちゃんと考えられてるなと感じてます。
オカ研はだいたいわかったので、例の無口キャラがキーになるのはどこなのか、
そういう部分を含めて今後への期待度が高いので、引き続き期待したいところ。

■New Game!
自分はゲーム業界の人ですが、デザインは全く専門外の分野な上に、某渋谷の
IT企業のゲーム子会社にいた時に、性格がアレなデザイナーとそりが合わなかった
過去もあって、すごくやりづらい相手だという印象で接しちゃってるんですよね。
もちろんそんな人ばかりじゃないのもあるし、業界入りたての若い子なんかは
むしろキャリア積んでる側が助けてやらないと…なんて事を感じている次第。

最新話より、日常的に中央・総武線を利用している身から言わせてもらうと、
阿佐ヶ谷で降りるのに9号車に乗ってたら、階段の目の前には止まらないので
やり直し(笑)。ついでに夜10時50分を過ぎると、阿佐ヶ谷→中野を運転する
列車は全てE233系になるのでここもやり直し(笑)。…あくまでネタですよw

■魔装学園H×H
とりあえず第1話がスタートして2秒で「あ、これアカンやつやww」と。
そりゃいきなり女の子がノーブラでおっぱい揺らして喘いでたらねぇww
一部の地方局の放送見合わせも何となく理解できるが、関東はびくともしない。
ついには「こいつとエロいことをしろ!」てな感じのセリフを堂々と発する辺り、
随分といろいろ割り切ったなぁ…と思うとともに、ある意味気持ちがいいww
変に恥ずかしがったりツンデレの気を見せるよりも、こういう方が自分は好き。

典型的な美少女ハーレム型の作品なので、どこまでエロく見せてくれるかに
スポットを当てるということでいいんじゃないでしょうか(笑)? これまでも
完全に“行為”に走ってる作品はありましたが、エンタメのひとつだと思えばww
余談ですが、自分が中高生の頃は「のりノリ天国」を観て育ったクチです。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。