投稿者 gradefuji | 2016年6月23日

新しい仕事を始めて思うこと【Gamerfuji出張所】

先月からいろいろあって、新しいプロジェクトに参加することになったんですが
今回はプロ野球ゲームの案件だったりします。……確か去年の今くらいの時期にも
プロ野球ゲームのプロジェクトにいた気がするんですが(笑)、その当時とは
また毛色が違うゲームになるので、ひとくちにプロ野球ゲームといえども様々。

もっとも、自分自身もこのブログで毎週月曜に更新しているネタは、中日に偏りが
あるとかいうことは置いといて とりあえずプロ野球に関する話題を書いてるし、
曲がりなりにも小学校~高校まで野球をやってた身なので、一般的な視点で言うと
適性はバッチリというところでスンナリと決まり、ひと安心という感じではある。

確かにそれ相応の知識はあると思ってるし、もちろん野球の知識だけ持ってれば
いいという訳でもないので、巡り合わせを含めて非常にありがたい話ではある。
自分の生前の選手の話とかは、正直なところ守備範囲外ではあるものの、
そういうところの知識を得ていくこととかも、やっていきたいなというところ。

将来的にゲーム開発の仕事をやると言っても、ゲームを死ぬほどたくさん遊べば
それでOKかと言うと、絶対にそんなことはない。今回みたいにプロ野球が題材の
ゲームを作る場合は、プロ野球の選手やチームの知識は最低限必要だし、そもそも
野球というスポーツとは…とか、詳しいルールは…とか知らないと話にならない。

そういう意味では、自分もゲーム業界にデバッガーとして入ってすぐの頃に、
最初に命じられた仕事が「麻雀の本を読んで麻雀のルールと役を覚える」という
ものだったんですが、当時の自分って麻雀と言われても何が何やらでしたねw
今でも点数計算はできないですが(笑)、一応雀荘で打つくらいは何とか。

ちなみに、プロ野球案件で決まるタイミングで、他にスポーツゲーム関連の案件が
来ていたようで、そちらはサッカーのゲームの案件だったようですが、自分の場合
サッカーはある程度有名な選手とチーム名くらいの知識しかないので、
ある程度知識を要求されるとダメなもので。どこかの物語のように、何から何まで
完璧にこなせたり物事を知ってるような人間というのは普通はいないもので、
そういう意味では適材適所というか、得意分野を活かすことを考えるべき。

これって別にゲームの仕事に限らず、他のことでも同じことが言える訳で。
今無いものに対して ないものねだりをしてもしょうがないし、だったら
今あるものでできることをやりながら、新しい物を手に入れるべきで。
割と自分に言い聞かせてる風の書き方になってきたので、この辺にしときますが
何が言いたいかというと、特定の事柄でしか絡めない奴にならないように…とw


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。