投稿者 gradefuji | 2016年6月23日

ラノベから先物買いを狙う(後編)【アニメクルーン】

さて先週の続きです。簡単に書いておくと、まだそれほど巻数が進んでいない
ライトノベルの中からいくつかピックアップして、その作品が今後アニメ化するか
どうかの賭けをしようという企画です。皆様には的中するか否かの予想を…。

…すいません、ちょっと奇をてらった感じにしようとして盛りすぎました(笑)。
単純に今回取り上げる作品に注目・応援していこうという趣旨の内容です。
複数巻出ているものも、今回は1巻だけ読んできましたので、読んでみた感想とか
注目ポイントというのを、自分の目線で取り上げたいなと考えています。

詳しい条件とかは、6月15日に更新した記事に記載しているのでそちら参照で。
以降はレビューで本文が終わってしまうので先に書きますが、このような企画は
今後も不定期にに取り上げていきたいなと考えているところ。結果としてここで
取り上げた作品からアニメ作品が出てくれれば、楽しみが広がるというものです。

■超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!
GA文庫発の作品。ちょうど先週の記事を書いた6月15日に最新3巻が発売されていて
恐らくはこの後も続いていくだろうと踏んでの推奨。原作者は15秋に放送された
「落第騎士の英雄譚」で既に原作アニメ化を果たしており、こちらは10巻まで
既に発行されている。そんな中で本作もシリーズが進んでいるという状況。

とりあえず高校生が総理大臣とかなれないやろw というツッコミが虚しく感じる
レベルで、司くんのチートっぷりが発揮されている訳ですが(笑)、冒頭にある
キャラクター紹介のイラストをちゃんと観てなくて、適当に姿を想像してたら
マジシャンと医者がほぼ正反対のビジュアルだった辺り、意表を突かれた。
そして1巻の表紙絵で、エルフが笑顔でキユー○ーマヨネーズっぽいものを
持ってる姿だけ見ると「???」としか浮かばないですが、ああなるほどねと。
恐らくは今後の巻で、異世界に飛ばされた経緯も語られてると思うんですが、
各々のチート性能が良くも悪くもストーリーを左右するだろうなと感じた。

■ぜんぶ死神が無能なせい
こちらは講談社ラノベ文庫から。同レーベルからはいくつか候補があったのだが、
反面とにかく刊行ペースが速く、15冬の「銃皇無尽のファフニール」のような
今回の企画における“当たり”を見極めるのも難しいところ。ましてや本作も
まだ2巻以降が出るという保証がどこにもないだけに悩んだが、紹介などを見て
「自分的にアニメとして観てみたいな」と感じたのが決め手になりましたね。

まず“ラノ子”誰やw というところから気にするのが自分のスタイルですが、
16春アニメで言うと、三者三葉の園部あたりに通じるものを感じたんですが
どうでしょうかね(笑)? しれっと狭間兄妹に溶けこんでるとことか。
あと表紙やキャラクター紹介で いくらかパンツが見えてますが、1冊通して
読んでみると、割とどうでもいいレベルのサービスだったなと思う程度には
本編で楽しませてもらえたかなと。紹介文の期待値レベルのキレは実感。
あ、でもパンツはあったらあっただけ嬉しいので、今後もよろしくお願いしますw
2巻以降が出るとしたら、ガンダーラの存在とかの辺りがキーになるかなと。

■ようこそ実力至上主義の教室へ
知ってる人は「なぜ?」と感じると思うので補足から。先週挙げていた条件では
「目安として、現時点で3巻以内」と書きましたが、5月25日に4巻が出てました。
しかし、先週dブックで購入したときは3巻までしか配信がなく、4巻の存在に
気付いたのは、購入してから調査のために特設サイトを観た時だったという次第。
なので厳密に言うとアウトですが、19日のプロ野球・中日×日本ハム戦でもあった
“誤審”みたく審判がセーフと言えばセーフ理論を無理矢理通したいと思いますw

タイトルから学園モノだということは一発で理解できるし、安易なバトルものでも
なさそうというのは表紙絵の時点で伝わってきましたが、強いメッセージ性を
全体を通じて感じましたね。こういうタイプの作品って個人的に結構好みで、
本作も150km/hを超える速球をズバズバ投げ込むような展開で気に入りました。
鈴音の弱点というか、足りない部分というのは早めの段階で薄々気付くものですが
どのようにして鈴音が気付く・理解するのか、という部分にフォーカスして
読んでみて、そこは歳相応の部分も垣間見えて興味深いところでもあったかなと。
以降の巻でも、各々の駆け引きをどのように展開・まとめていくかに注目ですね。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。