投稿者 gradefuji | 2016年6月21日

夏競馬で無視できない降級馬の存在【時々是競馬】

まずエイシンヒカリは残念な結果。敗因は馬場状態と見ていいとは思うのだが、
急に世界最強にまでなってしまったというのも、何らかの形で作用したのかも
しれないと思うがどうだろう。世界標準の逃げ馬なのか、それとも本当は
世界最強の逃げ馬になれるのか、3ヶ月後に出るであろう答えを待ちたい。

関東オークスはタイニーダンサーの完勝。アルセナーレがややハナを切るのに
手こずったのもあったとは思うが、同世代の牝馬同士であればこの程度は順当。
ただ、上の世代との対戦になると、もう少し距離は短い方がいいとは思う。
ブライトリビングは案外だったが、まだキャリア4戦だし、今後に期待だろう。

日曜の函館スプリントSはソルヴェイグが流れに乗れた。桜花賞以来というのも
人気を落とす要因だったろうが、距離短縮と成長度に期待していれば手は出せる。
シュウジはこの距離・ペースでもかかったが、そつなく内を回れたのが大きい。
ユニコーンSは、結果的にヒヤシンスSの再現となり、グレンツェントは少し厳しい
評価となるであろう3着。ただ、距離が延びるJDダービーでは逆転があっても。
このあたりは先週の推奨馬がドンピシャという形になったので、読んでいただいて
信じていただいた方がいれば「おめでとうございます」なのだが、PV的には
どうも地方競馬予想の方が高い傾向があるのが微妙なところ(笑)。

今週気になったレースを更にもうひとつ。日曜東京10Rの青梅特別だが、こちらは
この時期おなじみの1000万条件。過去にはホッコータルマエとエアハリファという
決着もあったが、今年はGⅠで3着もあるミュゼスルタンが余力残しの完勝。
昨年の新潟記念以来・初ダートと課題は多かったが、余程ダートが合うのだろう。

1番人気はゴールデンバローズ。前走はオープンで4着(時計は遅いが)している
バリバリのオープン(だった)馬が、1000万に出走しているというのもアレだが
少し余裕をかました感の2着。とはいえ1000万のレベルではないので次は確勝級。
今回の単勝が1.5倍で、次はもっとオッズが下がるとなると買い方は悩むが…。

今週だが、まずは何と言っても宝塚記念。ドゥラメンテに注目が集まるが、
普段は断然人気でも疑ってかかる自分でもここは仕方ないかなと感じるところ。
故障明けの中山記念を完勝してしまうのだから、ドバイ帰りは些細な問題と思う。
相手筆頭はアンビシャス。更にパワーアップした姿を見せてくれるだろう。
キタサンブラックの出方が鍵だが、この馬の粘りは間違いなく本物で軽視禁物。
あとはラブリーデイ、ラストインパクトに、一発警戒はトーホウジャッカル。

その他、明日以降の注目馬を以下に記載しておく。また、少し日数があるので
ここでは取り上げないが、火曜大井の優駿スプリントの注目馬を月曜~火曜昼を
メドにツイッターで公開しようと考えていますので、そちらもご覧いただければ。

■水曜・京成盃グランドマイラーズ(船橋)
モンサンカノープス/サトノタイガー/ムサシキングオー/ラヴィアンクレール

■木曜・グランシャリオ門別スプリント
クリーンエコロジー/サクラインザスカイ/キタサンウンリュー/シセイカイカ

■土曜・東京ジャンプステークス
オジュウチョウサン/ブライトボーイ/ユキノスライダー/エイシンフランキー

■土曜・大沼ステークス(函館)
モンドクラッセ/イッシンドウタイ/イースターパレード/ヒラボクプリンス


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。