投稿者 gradefuji | 2016年5月25日

いよいよ今週(から)ダービー【時々是競馬】

まず先週の振り返りの前に、ついさっき届いたエイシンヒカリのイスパーン賞。
グリーンチャンネルの中継に間に合ったので観ていたが、2番手に控えた上で
あれだけの着差をつけて勝つシーンは到底想像できなかったと思うがどうか。
もちろん暮れの香港で勝っているので、強い馬であることは間違いないのだが
だとしても年明け初戦のパフォーマンスとしてはこの上ないものを見せてくれた。
ロイヤルアスコット開催に目が向くところだが、今後の動向には目が離せない。

続いて先週の振り返り。まず大井記念はケイアイレオーネ圧勝。鞍上の的場文は
重賞を勝てば勝つほど記録になる状況。東京ダービーは果たして。あとは人気の
上がり馬を押さえて、実績上位のユーロビートとクラージュドールが上位確保。
個人的には3連単を3頭ボックスできっちり取ったので、この流れを活かしたい。

のじぎく賞はクラトイトイトイがかかり気味に飛ばしたと思ったら、向こう正面で
急にペースダウンして…という形で、如何にも中途半端な内容だったと思う。
ディアマルコは高知所属馬という意味でも意義のある勝利だったが、GDJの争いは
クラトイトイトイの逃げ切り濃厚だろう。ナツは地元同士のレースで改めてか。

平安Sはアスカノロマンの逃げ切り。1年前の今頃は何気に評価していたのだが、
そこからガタガタっときたところで、個人的には疑心暗鬼になった部分がある。
アンタレスSはアウォーディーの決め手に屈したが、今回レベルの相手なら
今後も安定して結果を残すだろう。あとはGⅠレベルまで上り詰められるか。
サンマルデュークとトラキチシャチョウは流れを考えれば、今後穴馬の資格あり。

そしてオークス。直線を向いた時のシンハライトの位置取りを見て「しめた」と
思ったものだが、前が壁になりながらも最後はチェッキーノを捉えていた。
さすがに桜花賞で僅差の2着の実力を疑ってはいけなかったか。こちらの上位馬は
軒並み後方にいたメンバーで、比較的積極的に進めてビッシュはさすがデムーロと
言うべきだろうか。そもそもオークスの逃げ・先行はほとんど結果が出ておらず、
そういう意味では、エンジェルフェイスあたりは危険な人気馬だったと言える。

最後に今週の展望。何と言ってもダービーだが、今年も変わったプロモーションを
展開しており、特に手相をスマホで撮影して馬を生み出す「FORTUNE DERBY」は
よく考えたなぁ…と。個人的なヒット作は、3年前のスクロールダービーですね。
当時は一発勝負の「GⅠ」で21着で、あと1人の差で8万円チャンスを逃しましたw

とりあえず人気の中心は皐月賞上位組だと思うが、ディーマジェスティよりも
リオンディーズ・マカヒキが上だろう。ただ、皐月賞がそうだったように
高いレベルの混戦なので、馬券的な楽しみも十分。ここではまだ見限れない
エアスピネルに、青葉賞の豪脚が忘れられないヴァンキッシュラン、
皐月賞に見向きもしなかったスマートオーディンが面白いと思うがどうか。

ダービーの敗者復活戦と言っては失礼だが、日曜日からあと2つ。まずは東京の
目黒記念は毎年難しい一戦になりがち。ハンデ的に魅力なのはレコンダイト、
サムソンズプライド、ショウナンバッハ。あとタッチングスピーチも気になる。
昨年、個人的には馬連万馬券ヒットで敗者復活を果たした。諦めずにいきたい。
地方からは“佐賀のダービー”九州ダービー栄城賞。今年は日程がまちまちだが
ダービーウイークのトップを飾るのは今年もここから。実績的にはサプールと
ドンプリムローズが抜けていると見るのが妥当か。穴候補はコスモカットで。

もういくつか取り上げたい。まず中央から土曜東京の欅Sは懲りずにアンズチャン。
ニットウスバルはもう少し追いかけていい。レッドファルクスは人気が上がると…。
安定勢力だがナガラオリオン、一発狙いなら斤量59kgもキクノストームを一考。
更に土曜の京都ハイジャンプはGⅡにしてはやや寂しいメンバーだが、一応は
連勝中のニホンピロバロン中心か。一度使われて連覇を目指すルールプロスパー、
重賞実績だけならドリームセービング・マイネルフィエスタも馬券的に面白そう。

裏番の日曜京都は安土城S。ミッキーラブソングは間違いなく人気になるだろう。
アルバタックスは人気が落ちると思うので、現状は抽選待ちだが通れば狙い目。
あとケントオー、この距離でもダイシンサンダー、ラインスピリットまで。
密かな注目は、5走前に三鷹特別を勝ったトータルヒートだが51kgでも厳しい?
そして予想はしないが、土曜京都の白百合Sは例年以上のメンバーが揃いそうだ。

最後に地方から水曜日の重賞2つ。まず川崎マイラーズはモンサンカノープスが
過剰人気な感があり、バッサリ切るのも難しいが馬連・3連の軸という見方。
中心は今回も岩田が騎乗のブルーチッパー。レガルスイも安易に切れない存在。
吉原騎乗のガンマーバーストが穴候補。セイントメモリーは59kgがネックだが…。
門別の赤レンガ記念は、ナムラビクターの扱いが悩ましい。前走がいくらなんでも
あんまりなレース内容だっただけに…。となれば、グランプリブラッドと
オヤコダカの一騎打ちだろうか。穴馬を挙げるならサウスウインドとしておく。

来週の回顧は“ダービー”2つを中心に、プラスいくつか…で予定しています。

(本文中敬称略)


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。