投稿者 gradefuji | 2016年4月26日

回顧多めのGⅠ谷間週【時々是競馬】

まずは先週の振り返り。羽田盃はタービランスがトロヴァオを振り切って一冠。
ただ、各所の回顧で触れられている通り、トロヴァオも休み明けだったと考えれば
中身の濃いレースで東京ダービーは楽しみ。ジャーニーマンは距離ギリギリか。
早め先頭で沈んだアンサンブルライフは東京ダービーで確実に人気を落とすはず。
北斗盃も人気のスティールキングが難なく抜け出し、こちらもまずは一冠。
3番手以下が大きく離されて、アンビリーバボーあたりは案外な結果だったが
出戻りや休み明けばかりの中で、あまりこの結果にとらわれるのも危険だと思う。
東京プリンセス賞はモダンウーマンの逃げという予想外の展開。コメントなどを
見る限りは、逃げても持ち味が出ないタイプなのだろう。リンダリンダに関しては
スローペースの決め手勝負になったのが大きい。この結果は覚えておきたい。

福島牝馬Sはマコトブリジャールの人気がなさ過ぎたと言えばそれまでだが、
小柄な馬で休み明けで馬体が減ってのガラリ一変は予想できないか。あとオツウが
ターコイズSに続いて大波乱を演出してみせた。3角過ぎでズルズル後退すると
思ったところからの粘り腰。相手次第だが、またそのうち穴を開けそうだ。
フローラSのチェッキーノは、大外枠を嫌って馬券的には軽視したが、結果的に
ルメールがうまく脚を溜めたといったところ。とは言え収穫のある内容だ。
パールコードは大きく馬体を減らしていたが、もともと500kgオーバーの馬なので
パドック映像を見ても悪い印象はなかったが、本番の状態には注意しておきたい。

読売マイラーズCは緩みなく流れたが、結果的に内を通った馬が上位を占めた訳で
そこは開幕週の芝故か。クラレントは粘った方。フィエロはさすがに後ろ過ぎた。
あと香港でも日本馬3頭の遠征があったクイーンエリザベス2世Cがあったが
直前に雨が降った影響が予想以上に大きかったと思いたい。レース後のコメントも
軒並み馬場状態をを悔やむ発言で占められており、その点も香港ダービー馬には
有利に働いたのだと思うが、あれだけの差がついた以上は勝ち馬を褒めるべき。

続いて今週のレースのピックアップ。まず明日の浦和・しらさぎ賞は休み明けで
57kgを背負っていてもララベル中心と見ていい。さすがに戦ってきた相手が違う。
トーコーヴィーナスは前走の負けが少し気になる。前日発売はティアラCの上位が
人気になっているが、穴でトーコーニーケとティーズアライズも面白いと思う…。
木曜門別のコスモバルク記念では、JpnⅡを2勝のオースミイチバンが復帰戦。
但し2年はさすがに長い。人気はナムラビクターとウルトラカイザーだろうが
人気次第でオヤコダカとクラバズーカーを狙ってみても面白そうだ。

注目は天皇賞。キタサンブラックは3200mでどうなんだというのが鍵を握りそう。
さすがに今回は人気必至だし、カレンミロティックがそれなりのペースでレースを
作ることになると考えると、上位進出にはひと工夫必要なのではないかと考える。
ゴールドアクター中心だろうが、個人的に注目したいのはフェイムゲーム。
人気的にもおいしい感じになりそう。あと穴候補はトーホウジャッカル。

同じく日曜京都からは端午S。道営から中央に移籍していたタイニーダンサーが
ようやく転入初戦。芝スタートが鍵も無様なレースはしないと踏んで強気の推奨。
土曜東京の青葉賞は収得賞金900万組からヴァンキッシュランの末脚に注目。
土曜京都の天王山Sはニシケンモノノフ中心も1200mは微妙な馬が多く相手は難解。
今週開幕の新潟は日曜の谷川岳S。グァンチャーレがそろそろ人気を落としそうな
気がしているのだがどうか。一発ありそうなのはミナレット。あとダローネガを。

(本文中敬称略)

広告

コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。