投稿者 gradefuji | 2016年4月22日

競馬ゲームであれこれと【Gamerfuji出張所】

まず、先週すごく中途半端な形で終わったゲーム業界に入るきっかけ的な記事が、
PV的に反応が良かったので、どこかのタイミングで各セクションごとに掘り下げて
もう少し各々のトピックについて詳しく書くことができればと考えています。

今日は競馬ゲームについて取り上げてみようかなと。興味ない人からしたら
また競馬ネタかと言われる気がするものの、ここではゲームの話しかしません。
直近の競馬の話題は、ちゃんと火曜日までストックしておきますので、ひとつ。

自分が初めて触れた競馬ゲームはファミコンのファミリージョッキーでして、
確か小学3年頃だったかなぁ。説明書がない状態だったので操作方法もわからず、
早速最初の障害戦でゲームオーバーという、よくあるパターンからスタートして
最終的には16戦16勝・オールレコード勝ち(要はカンスト)までやったものです。
当時のコロコロコミック(確か)の付録に、ファミコンソフトに貼って遊ぼう的な
ペラい綴じ込み付録があって、その中の一つにあった「ゲーム名人」っていう
短冊をハサミで切り抜いて、ソフトの上のところに貼って遊んでましたね。
今年の年明けに、グリーンチャンネルで昔の競馬ゲームを遊ぶ特番がありましたが
古谷コンシェルジュが相当上手だったので、ああいう方と遊べればなと思ったり。

ダビスタに関しては、SFC(3~98)が個人的な全盛期。SFC版はとにかく予後不良の
発生率が高い頃でしたよね。ターボファイルなんてのは売ってもいなかったので
残り1000mを過ぎてズルズル後退した瞬間に、ビデオ入力から適当なチャンネルに
画面を切り替えて3分ほど適当にコントローラーを連打してやり過ごすのが定番ww
DS版や3DS版(GOLD)もそれなりに遊んだものの、ここまで予後不良は1頭も出ず。
たまに未勝利も勝てない弱い馬を使って、ラガービッグワンの連闘記録に挑戦とか
やってはみたものの、芝のレースだけ狙って連闘させても競走中止すらしない。
一方で2歳馬のソエやハ行の発生率が妙に高いのは自分だけじゃないですよね?w
時代は変わったのかなぁと思いつつ、怖いもの見たさで一度くらい…と思ったり。

アーケードだと、当時のアイマスのついでにスタホ2に手を出してた時期があり。
ちょいちょい遊んで万単位でメダルも預けてたはずだけど、お店側の30日ルールに
引っかかってパーになった後は一切手を出さず、携帯サイトもマイメニュー削除。
自分の場合は漬けとかやらないクチだったので、とりあえず条件戦を終えたら
最初はGⅠに出走というのが大体のパターン。あとは帝王賞が収録された頃からは
出せそうな馬がいたら、とりあえず帝王賞に1頭は出すというのが個人的なお約束。
ただ、そんなやり方でも意外に楽しめるもので、中長距離向きの3歳牝馬を
いきなり桜花賞に出して3着、続いてオークス1着・英ダービー1着とかやった頃は
たぶん一番面白がってた時期だと思う。怪物コメとか無縁でも楽しめるもんです。

携帯ゲームでもいくつか競馬ゲームは遊びましたが、ソーシャルゲームが台頭した
直後あたりにオルトプラスが出してたダービーズキングの伝説なんかは、割と
よく出来てたなぁと感心した記憶あり。課金ジョッキーがぶっ壊れ性能という
わかりやすい課金ポイントがあったりしましたが(笑)、それ以上に自分的には
地方のダートグレード競走も番組内に押さえていた点が高評価。突っ込みどころは
東京競馬場でのイベントの告知バナーの「東京競馬場でオフ会!」ですかねw
主に「オフ会」っていう表現が内容的に正しいものかどうなのかというところで。

あとソーシャルゲーム版のウイポとか。ただ、やっぱりソーシャルゲーム然りの
面が目立った感が強く、ウイポの名前を使うのはどうなのかね…とは思った。
まぁ、ダビスタGREEよりずっと長生きしてるし、その意味では成功なんでしょう。
逆に当時のgloopsが出してたポチポチの競馬ゲームは、割と殺意を覚えたレベルw
いろいろ言いたいことはあったけど「競馬バカにしてんのか」に集約される感じ。

そういえば「競馬バカにしてんのか」で思い出したゲームネタが1つあって。
某サイゲームスが競走馬を擬人美少女化したゲームを出すという話が、なぜか
AnimeJapanという場で出してきたという話題が、数日ほどニュースサイトで
出続けていた時期がありましだか、去年出向で行ってた会社の片隅で、これっぽい
話をしているのを頻繁に見てたんですよね。自分は別プロジェクトをやってたので
このような形になった経緯や、今でもその会社が噛んでるのかは知らないです。

ただ、若手女性声優を前面に押し出していたり、わざわざAnimeJapanという
それこそ水と油ほど親和性のない場で情報初出しとかする時点で、競馬ファンを
相手にする気は更々無いと見ていいですね。声ヲタ・萌えヲタの足元見た商売を
するのは間違いではないと思うけど、どっちつかずで終わりそうにしか思えない。
競馬ファンと萌えヲタを兼任している人間なんて特殊だって俺も自覚してるww
ウマドンナくらい本気で振り切るならまだしも、PVはやたら気合い入れたとか
ゲームの本質とは全く違う所を先に推すあたり、これどうなん?感が満載で。。。
ブログで否定的な事を言うのは極力控えてますが、言葉を選ばすに書くならば
大失敗して欲しいというのが現時点での忌憚なき意見。もっとも、ゲームの中身が
まだ何も見えないので評価するには早い、という僅かな希望だけは残しておこう。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。