投稿者 gradefuji | 2015年12月23日

地方競馬展望2015~名古屋グランプリ

まずは先週の全日本2歳優駿の回顧。結局ハナを切ったのはアンサンブルライフ。
800m通過が50秒9で、時計がかかり気味であることを考慮しても速くはない。
直線を向いても手応えはあったが、最後はサウンドスカイの決め手に屈した。

そのサウンドスカイは前半は中団からレースを進めたが、勝負どころから
手応え良く進出して危なげなく抜けだした。今後は芝に再挑戦というプランが
あるようだが、個人的にはこのままダート路線を目標に進めてほしいと思う。

レガーロもよく伸びたが、さすがに位置取りが後ろ過ぎた。それでも2着まで
来ているのだから、頑張った方だと思う。残念だったのは出走取消となった
ポッドガイの存在。年が明けての南関東3歳戦線にも注目しておきたい。

■12月23日・名古屋10R 名古屋グランプリ(3歳以上JpnⅡ・ダート2500m)

◎⑪アムールブリエ
○⑤カゼノコ
△③エーシンモアオバー
△①ソリタリーキング
×⑩ニホンピロアワーズ

特にこのレースに関しては毎年のように言われることなのだが、中央の選定馬は
東京大賞典への出走が叶わない組が中心で、地方馬に関しても南関東はともかく
他地区に関しても年末年始の地元重賞を狙う馬がどうしても多くなりがちで、
2008年以降馬券に絡んだ馬は全て中央馬。今年も劣勢を覆す地方馬は望み薄か。

実質的に5頭立てと考えたところで、今年はなかなか悩ましいメンバーになった。
その中でも牝馬のアムールブリエを中心に推したい。前々から長め距離の方が…と
いうコメントが出ていた馬だし、この枠ならスムーズに運べる点でプラスだろう。

相手はカゼノコ。最後の直線が200mもない名古屋なので、ある程度早め早めの
レースにはなるだろうが、前走で復調気配を見せただけに、全体的な相手関係が
かなり楽になる今回は、今後のことを含めて更なる前進を期待したい。

このレース3勝目を目指すエーシンモアオバーは、なんだかんだ言って警戒が必要。
普段58kg以上を背負わさせる馬が、ここは57kgで出れるというだけでプラス材料。
ソリタリーキングはこの程度の相手なら堅実に走るはず。安易に切れない存在。
ニホンピロアワーズは極端に人気を落とすならおいしいが、果たしてどうなるか。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。