投稿者 gradefuji | 2015年12月16日

地方競馬展望2015~全日本2歳優駿

まずは先週のクイーン賞の回顧から。トロワボヌールは4角からの手応えが
相当ひどかったが、それでも内を突いて2着を確保したのは地力の違いか。
このメンバーであればスッキリ勝って欲しかったところだが仕方ない。

勝ったディアマイダーリンはスムーズにポジションを取ることができ、
直線の反応も良かった。自分が予想していた以上にダートへの適性が
あったというところだろうが、道中で砂を被った時にどうかという懸念は残る。
ノットオーソリティがあわやの3着だったが、十分逃げ切りを狙えた脚取りに
見えただけに、やはり中央の一線級との実力差はまだまだ大きいのだろうか。

■12月16日・川崎11R 全日本2歳優駿(2歳JpnⅠ・ダート1600m)

◎⑥サウンドスカイ
○⑩レガーロ
▲⑦トロヴァオ
△⑪コウエイテンマ
△⑫スティールキング

枠順確定後に、ここまで6戦6勝で大物かと言われたポッドガイが出走取消。
だが前日発売のオッズを見ると、同じく南関東のアンサンブルライフがまさかの
単勝元返しで1番人気という事態に。恐らく大口の投票があったものと思われ、
馬連のオッズを見ると順当にJRA勢が絡む組み合わせが人気上位を占めていた。
とは言え地方勢ノーチャンスも思えず、ヒモ穴くらいは頭に入れておきたい。

中心はサウンドスカイで大丈夫だろう。兵庫ジュニアグランプリを勝って
ダートでは負けなしの3連勝。やや相手に恵まれた感はあるものの、
時計的にもまだまだ前進がありそうだし、戸崎騎手というのも心強い。

相手はレガーロを推す。前走のもちのき賞はタイレコードでの勝利。
休み明けからの2連勝はいずれも接戦だが、単に前に行って抜け出すだけの
レースではないので、それ以上に価値のあるレースと考えている。
恐らくはオーマイガイあたりが人気の面では上になるだろうし、妙味十分。

穴ならトロヴァオ。今年のホッカイドウ競馬デビュー組は意外とレベルが高く、
その証拠にこの馬も移籍初戦でハイセイコー記念を勝利。今回はそれ以来だが
鎌倉記念や平和賞を使ってきた組に比べて、じっくり調整できた点は評価。

コウエイテンマはアンサンブルライフやラクテとの先行争いが鍵だが、スピードで
押し切れそうと踏む。相手なりに走れるスティールキングに一発の可能性を見る。
取り上げてない中央勢について簡単に。エネスクは北海道2歳優駿の負け方が
気になる。同じレースをしていてはここでも苦戦は免れないだろう。
オーマイガイは道中揉まれた時に上手く対処できるかという点が不安材料。
いずれも人気上位必至と思われるだけに、馬券的には切って面白そうだ。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。