投稿者 gradefuji | 2015年12月2日

地方競馬展望2015~浦和記念

まずは先週の兵庫ジュニアグランプリの回顧から。結果的には中央勢4頭が
上位を独占することになったが、実力差がそれだけあったということだろう。
サウンドスカイが危なげなく差し切っての勝利で、ダートでは負けなしの3連勝。
8月からコンスタントに使われており、全日本2歳優駿への出否は未定とのこと。

このブログの予想ではバッサリ切ったオデュッセウスが3着で申し訳ありません。
あれだけ引っかかって3着に残るのだから、見る目がないと言われても仕方ない。
コウエイテンマはダートもメドを立てたか。全日本2歳優駿にも選出されている。
マイタイザンはこの相手では厳しかった感が残った。例によって全日本2歳優駿で
選出されてはいるものの、長距離輸送もあり苦戦は免れそうにないだろう。

■12月2日・浦和10R 浦和記念(3歳以上JpnⅡ・ダート2000m)

◎②ドコフクカゼ
○⑪ソリタリーキング
▲⑨マイネルクロップ
△⑧ユーロビート
△③タイムズアロー
×⑤ハッピースプリント

近年のダートグレードでは珍しく、昨年は南関東勢が3着まで独占。逆に言えば、
中央勢があまりにだらしなかったのだが、今年も南関東勢の活躍を期待したい
メンバー構成になった。ただ、中央勢も馬券的に面白そうな馬があり難しい。

中心はドコフクカゼ。地方競馬は全日本2歳優駿以来となるが、今年に入って
中央オープン2勝ならこのメンバーでは格上の評価をしていい。いわゆる2走ボケが
心配なところだが、地力をつけた今なら…という期待をかけていいだろう。

相手は悩んだがソリタリーキング。大外から運べるのはプラスに出ると踏んだ。
地方ではずっと58kg以上を背負わされているが、今回は57kgというのもポイント。
5月のブリリアントSではドコフクカゼと2.5kgの斤量差がありながらタイム差なし。

南関東勢も要注意で、前日発売の1番人気はハッピースプリント。しかし個人的には
あまり評価していなくて、他の馬の方が馬券的にも期待したくなってしまう。
それだったらまずはユーロビート。マーキュリーカップを制した時と同じ、
吉原騎手とのコンビに戻るというのも良い材料になると考えている。

あとはタイムズアロー。前走は逃げ切りを図るも最後は力尽きる格好で3着。
となれば控えていくだろうし、元中央オープンで案外力の差はないと思う。
ハッピースプリントはずっとGⅠ・JpnⅠばかり使われているし、2歳時とはいえ
JpnⅠ制覇もあるのだが、挑戦者的な立場だった最近とは違う立場になるのが不安。

穴ならマイネルクロップ。前日発売のオッズを見ると、重賞2勝している馬とは
思えないほど人気を落としている。叩き2走目で外目の枠を引いたのはプラス。
直近の実績面では最右翼と言ってもいいのだが、馬券的に一発の魅力を感じる。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。