投稿者 gradefuji | 2015年11月14日

競馬展望特別版~三鷹特別徹底展望

今回は、当ブログ的に「高山特別」や「飛騨ステークス」に続く注目レースが
行われることもあり、中央競馬の展望を行おうと思う。なお、ダートグレードの
回顧に関しては、次回のダートグレード展望の時とします。予めご了承下さい。

今週から年末までの7週連続GⅠも当然注目だが、他にも今週オーラスの福島では
今年は2日に分割されたものの昨年好評(?)だった“トリプル温泉特別”があり
京都では土曜日に重賞が2つ行われるなど、なかなか興味深い番組が組まれた。

■11月14日・東京10R 三鷹特別(3歳以上1000万下・芝1400m)

◎⑮シンボリタピット
○⑭ビヨンジオール
▲⑩コスモドーム
△⑪イッテツ
△③アドマイヤゴッド
△①クローチェ

こちらは15頭立てのハンデ戦。発走時刻が14:55となるので、少し注意が必要。
オープン勝ちの実績があるマイネルディアベルがハンデ57kgとなった以外は、
そこまで大きな斤量差はない印象。しかし確固たる軸馬不在で大混戦。
このテキストを作成している未明の時点では、単勝10倍以下が5頭いる。
更に天気予報があまり芳しくなく、馬場状態も読みづらいのが悩みどころ。

かなり悩んだが、中心はシンボリタピットとした。あまり人気にならなそうな
感じではあるのだが、休み明け2戦目で上積みがあるだろうと判断しての推奨。
東京芝1400mは距離短縮組が穴を開けるケースが多々あり、該当馬は当馬のみ。
逆に大外枠がどうかだが、仮柵沿いの芝も荒れてきておりむしろ好都合か。
雨が降って時計がかかるようなら、尚更チャンスは広がると見ているがどうか。

相手はビヨンジオール。こちらは逆に人気上位が見込まれる。前走の国立特別は
上がり勝負に対応しての3着だったが、ある程度の位置で追走したいところ。
引き続き戸崎騎手の騎乗であれば、その辺りは上手くこなしてくれるだろう。

穴ならコスモドーム。再昇級になるが、前走は減っていた馬体を戻しての勝利で
それ自体は驚かない。引き続き状態を維持していれば一発の可能性は十分。
あとは距離延長で前進がありそうなイッテツ、遠征してきた関西馬からは
人気を落としそうなアドマイヤゴッド、休み明けながら一変があればという
期待を含めてクローチェを挙げておきたい。

最後に重賞も簡単に。土曜東京11R「東京中日スポーツ杯 武蔵野ステークス」は、
結果に関わらずチャンピオンズカップには行かないと明言したモーニンに注目。
負けなしの4連勝は注目に値し、先の陣営コメントからも本気度が伝わる。

ノンコノユメは休み明け・58kgで、先々のことも考えるとここで狙うには微妙。
ゴールデンバローズも個人的に評価は低い。馬券的に面白そうなところを挙げると
タガノトネール・ニシケンモノノフ・アドマイヤロイヤルを挙げておきたい。

日曜京都11R「エリザベス女王杯」は、とりあえずヌーヴォレコルトとラキシス。
ただ人気になることは重々承知なので、馬券的に面白そうな馬を挙げるならば
夏場に牡馬相手に結果を出したスマートレイアーとノボリディアーナ、
地味な印象はあるが順調に前哨戦を消化したマリアライトとフーラブライドを。
ルージュバックは順調さを欠いていた部分もあり、疑ってかかった方が面白そう。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。