投稿者 gradefuji | 2015年11月5日

地方競馬展望2015~北海道2歳優駿

まずはJBCの振り返りを簡単に。レディスクラシックは、このブログでは評価を
指定なかったホワイトフーガが5馬身差の圧勝。1000m通過が59秒4というペースで
積極的に前を追いかけなかったという点も大きかったのだろうが、それにしても
中間も本数を乗り込んでいたとのことで、3歳だしそういった部分もあるだろう。
◎のアムールブリエは出ムチが入り、道中ずっと追い通しでレースにならず。

スプリントは、このブログの競馬予想でお馴染みの光景が繰り返されてしまった。
ベストは1400m・引き続き上位人気(10.5倍・3番人気)ということでノーマークの
コーリンベリーが完璧なレース運びで逃げ切り。ダノンレジェンドも伸びたが
前半楽していた勝ち馬にはお釣りがあった。ドリームバレンチノも似た形の敗戦。
レース後、タガノジンガロが急性心不全というニュースが残念ではあった。

クラシックはコパノリッキー連覇で、当ブログの競馬予想らしさは見せられたか。
楽にハナを奪い、案の定クリソライトは折り合いがつかず。ホッコータルマエまで
道中かかり気味の追走だったのは、休み明け・状態面も多少影響しただろうか。
サウンドトゥルーの2着は、今後のダート路線で注目の存在になりうるものだ。
結果的には3競走とも1番人気は1倍台でちょい負けと、馬券的にも楽しめたか。

■11月5日・門別10R 北海道2歳優駿(2歳JpnⅢ・ダート外1800m)

◎②ナンヨーファミユ
○⑨エネスク
▲④マイネルアトゥー
△⑦タービランス
△⑥ジャーニーマン

エーデルワイス賞ほどではないにしろ、1番人気が意外と振るわない。もっとも、
ハッピースプリントのような大物がいれば話は別だが、今年はどちらかと言うと
実力伯仲といった感じのメンバー構成であり、やはり2歳戦という感じではある。

中心はプラタナス賞上位の2頭だが、2着のナンヨーファミユを上位評価とした。
距離延長はプラスに働きそうだし、鞍上が五十嵐冬樹騎手というのも期待の現れ。
前走もレコード決着とはいえタイム差なしだし、人気面でも面白そう。

プラタナス賞を勝ったエネスクは2番手の評価。2戦2勝というキャリアを見ると
恐らくこちらが1番人気になるのではと思うが、そこまで評価に差がつく内容でも
ないだけに、そういう意味では少し慎重な予想の仕方をしてみたというところ。
道営勢ではタービランスが筆頭か。圧倒的な着差をつけてきた訳ではないが、
危なげのないレース振りでの勝利は評価できる。相手強化がどうかだけだろう。

穴ではマイネルアトゥー。メイクデビュー勝ちも、前走は芝に挑戦してイマイチ。
ダートに戻って改めて、というところ。云うてもマイネルだし2歳戦では要注意。
あと馬券的には道営勢の穴っぽいところとしてジャーニーマン。3着までなら。
タイニーダンサーはサウスヴィグラス産駒でもあり距離がポイントにはなるが、
1200mのエーデルワイス賞の勝ち方を見ると、現状は分が悪く感じる。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。