投稿者 gradefuji | 2015年10月15日

地方競馬展望2015~エーデルワイス賞

まず月曜日の南部杯の振り返りから。積極的に行きたい馬はいなかったが、
ハナに行くと見たワットロンクンは中団からのレースとなり、結局逃げたのは
タガノトネールだった。しかしエーシンビートロン・ポアゾンブラックまでが
ほぼ並走の形になり、最初の800mが45秒7、1000m通過が57秒9という乱ペース。

連覇を果たしたベストウォーリアは、3~4角で先の3頭に並びかけ、直線の坂で
タガノトネールを振り切り完勝。結果的には地力勝負になったのも幸いか。
そういう意味ではワンダーアキュートも2着タガノトネールにハナ差まで迫り
少し目測を誤った印象。一方でタガノトネールの2着は大きな価値がある。
あとはいいところがなかったハッピースプリントが、次で変わるかどうか注目。

■10月15日・門別11R エーデルワイス賞(2歳JpnⅢ・ダート外1200m)

◎②チェストケリリー
○③タイニーダンサー
▲⑮ミスミランダー
△⑫モダンウーマン
△⑤マックスガーデン

ここ5年は、道営勢の伏兵が馬券に絡んで高配当というレースが続いている。
2歳牝馬限定だけに中央勢と道営勢の力差は測りづらいのだが、馬券の注目は
むしろ道営勢の中でも下位と目されていた馬であり、こればかりは難しい。
ちなみに直近2年の勝ち馬は、1番人気に支持された中央馬だが、どちらも
6馬身の差をつけて未勝利を勝ち上がっていた。今年は該当の中央馬はなし。

人気も読みづらく難解だが、中心は中央のチェストケリリーとした。
メイクデビューで単勝1倍台の支持を受けて勝利したのだから、素質は高い。
あとは門別のダートが合うかどうか、ナイター競馬がどうかといったところ。

相手は地元のタイニーダンサー。前走フローラルカップの大差勝ちという
強烈なインパクトがあるので、1番人気になるのはこちらになるだろうか。
少なくとも同じローテーションの馬に先着を許すことはないだろう。

となると逆転の可能性があるのはリリーカップで土をつけたモダンウーマンと
マックスガーデンになるか。とは言え現状では実力差はないようにも感じるが。
どちらもそれ以来の実戦となるので、状態が鍵になりそう。パドック診断に注目。

上位と下位の勢力図が割とハッキリしがちだが、それでも2桁人気の道営勢が平気で
馬券に絡むので、穴馬を探すなら…ということでミスミランダーを挙げておく。
前走は初めてハナを切る展開になり、1番人気ながら惨敗という結果だったが、
今回はこれまで以上に厳しい展開が予想され、しっかり脚をためて行ければ
リリーカップで大きく離された3頭との逆転も十分にあり得ると思うがどうか。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。