投稿者 gradefuji | 2015年10月7日

地方競馬展望2015~日本テレビ盃

まず白山大賞典の回顧だが、ちぐはぐなレースをしたソロルは悔いが残る。
1周目のゴール板手前でエーシンモアオバーを叩いていこうかという勢いだったが
1角で今度は抑えてしまい、そのまま手応えを失い向正面半ばでムチが入る始末。
外に持ち出した時にガーッと行ってしまった感じで、内で我慢してたらとは思う。

マイネルバイカは道中やや持って行かれ気味だったが、前に壁を作れた分、
終いの踏ん張りにつながった。これは柴田大知騎手の好騎乗と言っていいだろう。
ソリタリーキングも同様に持って行かれ気味だが、こちらは地力で頑張った感じ。
エーシンモアオバーは岩田騎手もだが、馬もさすがベテランといったレース運び。

■10月7日・船橋11R 日本テレビ盃(3歳以上JpnⅡ・ダート1800m)

◎③コパノリッキー
○⑥クリソライト
△②サミットストーン
△⑦サウンドトゥルー

6月に始まった「ハートビートナイター」初のダートグレード競走となる。
最近はJBCクラシックの有力馬のローテーションも分散気味の傾向があり、
休み明けぶっつけという馬もいれば、南部杯を経由する馬もいるという感じだが
今年に関しては間違いなく上位候補になるであろう2頭が、ここから始動する。

どちらを中心視するかだが、コパノリッキーを上と見た。確かに今回は骨折による
休み明けの一戦ということで、当然目標はこの後で、クリソライトとの兼ね合いは
気になるところだが、地力を考えたら無様なレースはしないだろうと踏んで推奨。

相手はクリソライト。武豊騎手がコパノリッキーを選択したことで、こちらは
初騎乗となる川田騎手がどういった乗り方をするか。個人的には変に譲るより
前に出てしまった方がこの馬のレースはできるのではないかと思うのだが…。
とはいえおかしなレースにならない限り、この2頭のワンツーは堅いだろう。

サミットストーンは前走のアンタレスステークスが不可解な大惨敗だったが、
どうやら落鉄があった模様。一息入れての立て直しに期待したいところ。
サウンドトゥルーはこのまま3番人気で落ち着きそうだが、初の地方コースに加え
追込一手の戦法になると思われるだけに、やはり3着争いと考えるのが妥当。
ラヴィアンクレールは距離に不安を残す。3連単の3着付けでも厳しいか。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。