投稿者 gradefuji | 2015年10月6日

地方競馬展望2015~白山大賞典

まずはレディスプレリュードの回顧。中心視していたアムールブリエだが、
スタートがもうひとつで1周目のゴール板前では気合をつけるシーンも見られ、
3角で他の有力どころを見る位置ながら手が動き、4角では既にムチが入るなど
ここ最近のレース振りからは想像もできない姿だった。巻き返しに期待したい。

サンビスタについては、さすがに牝馬同士ならば何度も負けてられなかったか。
ダノンレジェンドほどではないだろうが、本番では人気が集中しそうではあるが
稍重とはいえさすがに時計が速いだけに、馬券的な検討は改めての課題としたい。
条件的に恵まれていたトロワボヌールは、これくらい走ってもらわないと困る。
ホワイトフーガはパドックで個人的に好印象を持っていた。まだまだこれから。
5着以下は離されたが、サンバビーンは牡馬相手でも道営同士なら好勝負か。

■10月6日・金沢10R 白山大賞典(3歳以上JpnⅢ・ダート2100m)

◎⑤ソロル
○③エーシンモアオバー
▲②トーセンアレス
△①マイネルバイカ
△⑥ソリタリーキング

JBCへ向けてという意味では、明日の日本テレビ盃の方が重要視されるところで、
さすがにここはメンバーレベルが落ちる。とは言えずっと中央勢が勝っているので
地方勢に過度の期待もできないか。馬券的妙味がありそうなメンバーではあるが。

中心はソロル。本当ならもうひとつ上のステージで走って欲しい馬ではあるが、
なかなか勝ち切れないレースが続く。今回は実績馬2頭との斤量差も大きいし、
折角のチャンスなので久々の重賞タイトルを手に入れておきたいところ。

相手はエーシンモアオバー。前走も「さすがにもう…」と思わせながら3着は確保。
何気にこのレース3連覇がかかっており、それで人気になるようなら微妙だが、
一応単騎逃げが見込めそうだし、岩田騎手なら何とかしてくれるような感もある。

マイネルバイカは最内コースを活かせるかどうか。中央のレースほど道中は厳しい
ペースにもならないだろうし、いざとなればハナも切れる器用さもある。
ソリタリーキングも評価が悩ましいが、58kgだけで評価を下げるのは危険。
穴ならトーセンアレスまで。小久保厩舎と岡部誠騎手のコンビというのも不気味。
中央勢のスギノハルバードは、さすがに1600万からの格上挑戦では厳しそう。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。