投稿者 gradefuji | 2014年11月18日

地方競馬展望2014~浦和記念

まずは北海道2歳優駿の回顧。結局JRAのデヴァスタシオンが1番人気になり、
結果はJRAのディアドムスとカラパナビーチで決着。戦前は中央勢を軽視したが
なんだかんだ言って中央の2歳ダート路線の質が向上している結果なのだろう。

地方勢ではクラバズーカーが3着。思っていたより人気はなかったが、馬券的には
そこそこいい仕事をしたと言っていいだろう。あとは2番人気のオヤコダカが5着。
対してブービー負けのタケルオウジは、相手強化で距離不安が表に出た形か。

■11月19日・浦和10R 浦和記念(3歳以上JpnⅡ・ダート2000m)

◎③サミットストーン
○⑩シビルウォー
▲⑧ランフォルセ
△④トーセンアレス
×⑦エーシンモアオバー

まずは南関東勢。来週に東京大賞典トライアルの勝島王冠があるにもかわらず、
なかなかのメンバーがエントリーしたという印象。もっとも、その勝島王冠には
久々のハッピースプリントがスタンバイしているという情報もある訳だが…。
中央勢は相変わらずのメンバーという印象が強く、地方勢の勝利も十分ある。

中心はその地方勢からサミットストーン。白山大賞典ではエーシンモアオバーの
逃げを捉えることができずの2着だったが、今回はマークが厳しくなるだろうから
斤量差は縮まるものの、決して逆転できない相手ではないと考えている。
ただ、前日発売とはいえ1番人気となると、もう少し人気を落としてほしい。

相手は休み明けだがシビルウォー。こちらも前日発売で2番人気となっているのが
やや不満ではあるが、さすがに前走より条件は好転するのでそこに賭けてみる。
あとは浦和勢からトーセンアレス。こちらもダートグレードのタイトルに手が
届くところまではきていると思うのだが…。自分の競馬ができれば。

穴ならランフォルセ。最近ムラ駆けの傾向があるだけに全幅の信頼は置けないが
一応は連覇を目指すことになる。人気が落ちるようなら勝負に出てもいいだろう。
4年連続の参戦となるエーシンモアオバーは確実に目標にされるだけに迷ったが、
過去3年も悪くはないし、戸崎騎手となれば嫌でも押さえておいた方が無難か。
グランドシチーも上位候補だが、最内枠を嫌って印を外した、というところ。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。