投稿者 gradefuji | 2014年11月6日

地方競馬展望2014~北海道2歳優駿

まずはJBCの振り返りだが、その予想を作成していた時(3日未明)の時点では
考えていなかった、雨によるダートの超高速化に振り回される部分も多々あった。
まずレディスクラシックは、ワイルドフラッパーの行きっぷりが良くなかったのか
サンビスタが思っていたより力を付けていたのか、予想とは違う結果になった。
トロワボヌール2着を含めて、今後はこの路線のメンバーの再評価が必要だろう。

スプリントはサトノタイガーがあわやのシーンを見せ、馬券はいい配当になった。
ノーザンリバーはやや後手を踏み、内が開かず直線も行き場を失う最悪の展開。
対してドリームバレンチノはスムーズに運べた事も勝因と言えるだろう。
コパノリチャードは直線でムチを入れられないほどの大惨敗で、さすがに予想外。

クラシックは、コパノリッキーと田辺騎手の好判断。さすがにここまで時計が
速くなると、タフな条件の色は薄くなってしまう。馬券も当初とは変えていた。
以下の上位陣については、ほぼほぼ下馬評通りの結果でコメントは少ないが、
久々を一度使われたホッコータルマエはチャンピオンズカップで要注意だ。
あとカゼノコはいくらなんでも後ろすぎる。コパノリッキーの単騎逃げで
ペースが緩くなった時点で圏外とはいえ、あの位置からでは届くはずもない。

■11月6日・門別10R 北海道2歳優駿(2歳JpnⅢ・ダート1800m)

◎⑦オヤコダカ
○⑥タケルオウジ
△⑧デヴァスタシオン
△②ハニームーン
△⑫クラバズーカー

昨年は全日本2歳優駿・今年の南関東2冠を制したハッピースプリントが勝利。
26日の兵庫ジュニアグランプリと並んで、今年も見逃せない一戦と言える。
中央勢の場合は500万で勝っていれば上位級だが、今年は4頭全て1勝馬かつ
デヴァスタシオン以外の3頭はダートで着外負けがあり、評価は難しい。

それであれば北海道勢が優勢と見て、オヤコダカ・タケルオウジを推奨。
前者はブリーダーズゴールドジュニアカップ、後者はサンライズカップと
北海道重賞を分け合っており、直接対決(サンライズカップ)の結果だけで
評価を下すには早いだろう。サムライハート産駒のオヤコダカはともかく、
スウェプトオーヴァーボード産駒のタケルオウジは距離不安説を唱えておく。

中央勢は先出のデヴァスタシオンを一応上位と見る。ただ、前走のプラタナス賞は
しぶとく伸びたが最後は3着馬にも迫られており、過大評価はできないか。
あとは北海道重賞でそこそこ結果を出しているハニームーンとクラバズーカーを
馬券の相手候補に挙げるものの、いずれも上位人気になりそうなのが悩みの種。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。