投稿者 gradefuji | 2014年11月3日

地方競馬展望2014~JBC競走

まずはエーデルワイス賞の回顧。ウィッシュハピネスはポンと好スタートから
結局は力の違いで押し切った格好。近年との、単純な時計だけの比較で言えば
特筆すべき部分は少ないものの、短距離路線では引き続き注目しておきたい。

人気薄のネガティヴが2番手に喰らいつきそのまま3着まで粘り込んだのは
実力と考えていいのではないだろうか。次走は水曜日・川崎のローレル賞だが
今回のペースで粘れたのならマイルまでは対応可能と踏んでいる。
早め早めのレースで2着に入ったジュエルクイーンも、次走に予定している
ラブミーチャン記念であれば、力上位という評価ができるだろう。
一方で、他の中央勢が軒並み惨敗という結果で、やはり2歳戦は難しい。

■11月3日・盛岡8R JBCレディスクラシック(3歳以上JpnⅠ・ダート1800m)

◎④ワイルドフラッパー
○⑩サンビスタ
▲⑨アクティビューティ
△⑮ブルーチッパー
△⑥トロワボヌール
△③ピッチシフター

やはりワイルドフラッパーとサンビスタの一騎打ちと見るのが妥当か。
岩手地区・東京競馬場限定の前売りではあるが、今回もアクティビューティの
人気が上がっていないので、穴狙いなら迷わずここだろう。
牡馬相手の1600万を勝ち上がったブルーチッパー・トロワボヌールも上位圏内。
コーリンベリーは休み明けで距離に不安を残すだけに、評価は微妙。
だったらオッズ次第だが、ピッチシフターの方が馬券的にはずっと面白い。

■11月3日・盛岡9R JBCスプリント(3歳以上JpnⅠ・ダート1200m)

◎⑫ドリームバレンチノ
○①ノーザンリバー
▲③サトノタイガー
△⑮セイクリムズン
×⑥タイセイレジェンド

東京盃を勝って1番人気必至のノーザンリバーだが、最内枠は少し余計かも。
それであれば外目から進められるドリームバレンチノの逆転に賭ける手。
コパノリチャードが思っている以上に人気になりそうだが、さすがに今回
初ダートでは荷が重いのではないかと踏んで、バッサリと切っておきたい。
代わって浮上してくるのは安定勢力のセイクリムズン、ハナを切る事を条件に
タイセイレジェンド、穴なら展開ひとつでサトノタイガーの食い込みに期待。

■11月3日・盛岡10R JBCクラシック(3歳以上JpnⅠ・ダート2000m)

◎⑥クリソライト
○④ワンダーアキュート
▲③カゼノコ
△⑮コパノリッキー
△⑦ホッコータルマエ

早くも今年の総決算と言わんばかりのメンバーが集まった。ただ、休み明けの
ホッコータルマエやコパノリッキーあたりは、この後のチャンピオンズカップも
頭に入っているだろうから、そのあたりの見極めが鍵を握りそう。
7Rの不来方賞が同じコースだけに、展開を占う上ではチェックしておきたい。

個人的にはクリソライトとコパノリッキーでは後者を評価しているが、
今回に関しては臨戦過程の違いもあり、クリソライト優勢と見たい。
更に帝王賞の結果を考えると、タフな2000mならばワンダーアキュートを
上の評価とする形になる。さすがにそれ以上評価は下げられないが。
ホッコータルマエも今更言うまでもないくらいの実績があるものの、
今回は海外遠征明けで間隔が開いており、少し辛い評価になるだろう。

ある程度前の馬に意識が集中しそうなメンバー構成だけに、末脚に賭ける
カゼノコにとっては願ってもない展開になるだろう。穴ならこの馬だ。
ベストウォーリアは近走を見る限り2000mがベストの距離とは考えづらく、
先団を見ながら運んでどこまで…というレースになるだろうか。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。