投稿者 gradefuji | 2010年1月28日

高山特別徹底展望③

昨日の冒頭雑談の延長を少し。携帯版の「THE IDOLM@STER」の難易度は、かんたん・むずかしい共に
★5つだったが、むずかしいの方は、アーケードの おにの★8相当はありそう。何年か前に携帯版の
「太鼓の達人」で「GO MY WAY!!」のスコアタをやったとき(SH901iC)よりも数段やりにくいSH905iを
使っている事を含め、少し攻略には手間取るかもしれない。というかこっちに充てる時間がないんだけどw

あと、仕事絡みという話をしましたが、わかる人にはわかる書き方をすると、「き○あ○と」とか
「雀○ビ」とかいうサイト関連のことをやってたりやってなかったり。麻雀を覚る必要に迫られたのも
この辺の事情だったり。ちなみにモバゲーで、この会社が配信しているオンライン麻雀アプリを使って
実際に対人戦をしたら、麻雀楽しいね…なんて思いました。でもゲームの助けを借りないと厳しいですw

 

今日は週末の競馬の出走馬が確定したが、高山特別はフルゲートの18頭で争われる。前回(2008年)に
続いてのフルゲートということで予想も少し難しくなりそうだが、何とか的中への道を導き出したい。

まず重要なのが、上位人気に支持されそうな馬の選定。このメンバーだと、1番人気はリアルプリンスで
間違いなさそうか。2走前は今回と同じ 中京芝2000mの揖斐川特別で3着(1番人気)。今回の鞍上が
中舘英二騎手となれば、ここは恐らく必勝体制だろう。昨日・おとといのデータ的にも、堅い軸と見る。

前走で着順掲示板に乗った馬は、全部で3頭のみ。リアルプリンスはともかく、地方から戻ってきた
スペースオーバーは買えない。もう1頭がローズリパブリックだが、昨夏の小倉(国東特別・4着)以来。
ローズキングダムの半兄という事も含め 上位人気にはなるだろうが、どこまで信頼できるかは未知数。

あと人気上位が予想されるのは、3走前にフォゲッタブルの2着(7月の生田特別)があるスティアヘッド、
一応1000万クラスでも好走歴があるコンベンション、ジリっぽいナムラチェンジ・ナリタプラチナあたり。

リアルプリンス以外は大して差がない気もするのだが(笑)、あらゆる可能性からの模索はしてみたい。
軸が人気馬で堅いとなると、相手は人気薄が突っ込んでくる可能性・特にリアルプリンスは先行なので、
後方待機の馬を狙ってみたいとなると、ここで挙げておくのは コラデピーノ、シデンカイ、
ナムラチェンジ、ナリタプラチナ、ハートシューター、ミナミタイヘイヨー、メイショウケンロクの7頭。

ただ、この辺は枠順や人気でどうにでも変わってくる部分なので、現時点では何とも…という感じ。
明日は枠順も確定するので、今年は都合により直前更新を行わない代わりに、サイト掲載の予想を
そのままブログでも掲載する事にしたい。誰も得しないだろうが(笑)、参考になれば幸いである。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。