投稿者 gradefuji | 2008年8月24日

底辺にいる人間の辛いところ

五輪の話題ばかり続いてたけど、もう閉会なので別の話題。だけど今日は全部伏字で書こうかと思うくらい
いろいろマズい内容も込みなので(笑)、まずはクッション代わりに雑記。それから本題にしたいと思います。

写真の通り 目的地は浮間舟渡で、時間があれば実は一度も足を運んだことがない さいたま市(浦和・大宮)に
行きたかったけど時間がないので諦める。その代わり?にポケモン新幹線を撮ってきた(でもわかりにくいw)。

わかりにくいけどポケモン新幹線

 

 

 

 

 

(このスペースの下から本題)

 

 

 

 

 

さて本題。その目的は、ぶっちゃけるとただのエキストラ。所詮、芸能界の底辺でもがいてる人間に対しては
選り好みせずに電話かかって来たら半強制的に行け…となる訳で。その底辺から抜け出すためにどうすればいいか
必死に考え・行動に起こしてるところだけど、例えばドラマだったら役のイメージに合うかとかいう部分など
運の要素も少なからずあるから、この道を選んで進む以上は粘っこくやっていくしかないんですが。

その現場の内容は、恐らくCSのPPVで流れるであろう R-15あるいはR-18相当のピンク映画ですよ。
自分もこの世界に挑戦してみようと思ったときに「絶対に成人モノはイヤだな」という事は当然思ってたこと。
世の中には自分からこの方面を志す人もいるんだろうけど、自分はそういう考えではなかったので、ええ。
こういう話を見た男性の方が、羨ましく思うか嫌な印象を受けるかはわかりません。女性の多くは後者だろうけど。

成人向けだから、男が女の○○に触ったり、逆に女が男に対して○○○を仕掛けたりというシーンもあり。
エキストラだから顔はわかんないだろうけど、自分も女優さんのスカートを捲り上げて下着を露にする芝居を
やらされましたよ(その後 一緒にいた同じ事務所の別のエキストラは、そこで見えた下着を下げましたが)。
もっと言うと、男は○○○○を出したら問題になるからやんないけど、女が○○を外して○○が露になった所が
偶然見えてしまって気まずかったりとか引いたりとか(当然スタッフや役者はそんな事言ってられないけど)。

ただのエキストラだろうが何だろうが、こっちはプロの芸能プロダクションからの派遣で行った訳で、
それ相応の振る舞い・立ち回り・芝居というのは当然したものの、ある意味 自分にとっては屈辱とも思える。
成人向け作品を蔑むつもりはないし、別に女性の○○や○○が見えたところでどうとも思わない。一応自分だって
成人した社会人だからそれは当然。ただ、目指す方向が違う以上は「次は勘弁…」というのが正直なところ。

こういう話題って本来なら閉まっておく方がいいんだろう。しかし、これから俳優やらタレントを目指したい人に
「これが現実ですよ」って事を知ってもらうだけでも意義はあると思うし(目に触れるかどうかは別として)、
自分にとっても目指すべき方向を見つめ直すきっかけのひとつにしよう…というつもりで残したいと思います。


コメントはこちらから

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。